安易に防腐剤フリーを選ぶのは危険!化粧品に含まれる防腐剤の意味とは?
スポンサーリンク
こんな方におすすめ

・化粧品に防腐剤が入っていないか気にしている

・そもそも防腐剤ってなに?

・防腐剤は体に悪いと思っている

 

 

 

んにちは。

 

 

美容大好きオガーです。

 

 

化粧品を購入する際『防腐剤』が入っているとなにか肌に悪そう...

「パラベンが入っていないか?」などを気にしている方はいませんか?

 

 

 

おそらくこの成分を気にして購入する方も多く、

防腐剤が入っていない化粧品を探すかたもいると聞きます。

 

 

ですが少し言いかたを悪くいうと、先入観にとらわれて

適当に化粧品選んでも美肌効果は期待できませんよ。

 

 

 

そもそも化粧品の品質を下げないために配合されているもので、

国の厳しい基準をクリアしたものしか、配合できないので質自体は高いのです。

 

 

とはいえ防腐剤が入っていたせいで、肌荒れするニキビができるという方も、

いるかと思います。

 

 

ですが知ってのとおり化粧品には、防腐剤以外の成分も配合してあるので、

たまたま他の成分が合わなかったことも考えられるのです。

 

 

そもそも化粧品に防腐剤が配合されている理由は?

 

繰り返しになりますが、化粧品に防腐剤が入っているのは、

僕たちが長期的に安全に使えるようにするためです。

 

 

化粧品には、アミノ酸や油脂、糖類などカビが生えやすい成分があり、

防腐剤には雑菌やカビの繁殖から守る役割があります。

 

 

化粧品に防腐剤が入っていないと雑菌が入ってしまい、

中身が腐ってさいあく肌荒れするだけでなく、健康面でも悪影響がでるのです。

 

 

普段化粧品はよっぽど使いすぎない限り、2ヵ月ほどは使いつづけますよね。(個人差あるけど)

 

 

そのため余計なトラブルを気にしないで、化粧品を長く安心して使うためにも

とても重要なのです。

 

 

ただ防腐剤との相性もあるので、防腐剤で肌トラブルがあったのなら、

別の成分を試すのがいいでしょう。

 

 

それ以外の方は特に敬遠する必要がありません。

 

 

 

パラベンは肌に悪いって聞くけど、本当に悪いもの?

 

化粧品に含まれている防腐剤の種類で、『安息香酸塩、ソルビン酸塩、デヒドロ酢酸塩、パラベン類、フェノキシエタノール』

などがあり、主にこの5つが化粧品によく使用されている成分です。

 

 

おそらく化粧品を購入する方で、”パラベン”が入っているから使わない!、

という方も多いかと思います。。

 

 

 

SNSなどでバラベンの成分のせいで、『肌荒れした!』などと聞き、

”パラベンは肌に悪い” ”パラベンフリーが肌にいい”という方が多いですが、本当にそうなのでしょうか?

 

 

化粧品は開封しなければ3年は使えるようにできていて、

あけた瞬間に劣化は始まりますが、それを遅らせるのが防腐剤の役割。

 

 

その防腐剤の代表的な成分が”パラベン”といわれていて、

安全性の高いことが証明されているのです。

 

 

 

また国の規制や技術の発達によって、少量で腐らせないようにしているため、

安全性が高く幅広いかたに使用できる作りになっているので、

”バラベンが合わなかった”という方以外は、そこまで気にする必要はありません。

 

 

 

つまり肌が弱いからといって、”パラベン”を避けるのは安易な考えで、

成分1つを批判するのは浅はかということ。

 

 

 

肌が弱いといいっても様々なタイプがありますし、

”パラベン”が合っても、安息香酸塩などが配合されていて合わないことも

あるということを覚えておいてください。

 

 

なんだかんだ防腐剤は必要!

 

化粧品を使うなら誰でも肌に合ったものを使いたい・肌トラブルを

避けたいと思いますよね。

 

 

ですが防腐剤は化粧品や食品など身近なものに、ほとんど入っているのも事実。

 

 

大切なのは、記載されているキャッチコピーに惑わされないで、

成分を確認することです。

 

 

たとえば防腐剤フリーと書いてあっても、防腐効果と似たような効果が配合されていたり、

「パラベンフリー」でも、他の成分が配合してあることもありえます。

 

 

つまり○○フリーには注意が必要ということ。

 

 

繰り返しになりますが、”パラベン”は少量でも、化粧品の質を安定させてくれる超優れもの。

 

 

過去に”パラベン”で失敗したといわれていても、そこから改善したり、

日々化粧品は進化していますし、たった1つの成分を悪ものにするのは安易な考えです。

 

 

大切なのは先入観で決めつけず、自分に正しい情報をインプットすることで、

自分に合った化粧品に巡り合えるかと思います。

 

 

少しでも参考になったら幸いです。

 

ではまたあした。

 

 

 

 

おすすめの記事