口コミで評価の高い【BOTCHAN(ボッチャン)】洗顔を使った感想を本音でレビュー
スポンサーリンク
こんな方にオススメ

・BOTCHAN(ボッチャン)洗顔が肌に合うか知りたい

・BOTCHANのリアルな口コミを知りたい

・そもそもBOTCHANってなに?海外コスメ?

・BOTCHANの成分から分かる洗顔の特徴

 

BOTCHANのスキンケア用品は「洗顔・化粧水・乳液」の3点セット。

 

 

 

カラフルなデザインで女性からも人気のある「BOTCHAN」ですが、『口コミが少なくて不安...』『自分の肌に合うの?』と、

疑問におもっている男性も多いでしょう。

 

 

 

ですがパッケージが注目されSNS上で話題になっているだけでなく、洗顔の成分は肌の安全を考慮されていて、かなり本気な洗顔料です。

 

 

とはいえ、洗顔に限らず化粧品は肌に合うものを使うのがマスト。

 

 

そこで今回はBOTCHAN洗顔(ジェントルクレンザー)の評判や、実際に使ってみた感想など本音でレビューします。

 

 

ちなみにオガーの肌質は、

・混交肌(皮脂が多い)

・特に肌トラブルなし

・肌荒れはない(肌は強いほう)

☝の感じで肌はけっこう強いです。

 

BOTCHAN

スポンサーリンク

BOTCHAN(ボッチャン)ってなに?海外ブランド?

 

ここでは、BOTCHAN(ボッチャン)ってなに?という方向けに、ボッチャンの特徴をまとめてみました。

 

遊び心がある&トップアワードアジアを受賞したデザイン

 

BOTCHANは、色鮮やかなデザインで置いてあるだけで、オシャレな雰囲気を演出してくれます。

 

 

 

というのもBOTCHANの名前の由来は、『夏目漱石の”坊っちゃん”』からきているそうです。

 

坊っちゃんのように”自由に個性をだす”のを重視して、型にハマらない個性的でカラフルなデザインで、『スキンケアを楽しめる』ように作られたのだとか。

 

 

ちなみにパッケージは、アジアの有名なデザイナーたちから高い評価を受けて、”トップアワードアジア”を受賞し、アジアトップクラスのデザインを誇っています。

 

 

構想に2年かけて作られたこだわり成分

 

BOTCHANは、化粧品の成分にかなりこだわっていて、美意識の高い男性でも満足できるように作られています。

天然成分をベースに作られ、

・バラペンフリー

・無鉱物油

・ノンシリコン

・ノンアルコール

・無着色

など肌が弱いかたでも使用できるように、肌に負担がかかる成分を一切使っていないこだわり。

 

また男性が嫌うベタツキがありませんし、ヒゲ剃り後にヒリヒリする原因になるアルコールが含まれていないので、

敏感肌のかたでも使うことができるそうです。

 

 

ビューティ系Youtuberからも評価が高い:パートナーとシェアできる

 

BOTCHAN洗顔は『メンズ用洗顔』ですが、カラフルなデザインに惹かれ女性でも利用する方がいるそうです。

 

洗顔のジェントルクレンザーも天然由来の成分で作られているので、キメの細かい泡が優しく汚れを落としてくれるのが好む方が多いのだとか。

 

 

またパートナーのプレゼントで購入したり、シェアして使う方も珍しくありません。

 

 

BOCHAN(ボッチャン)は国内製造

 

BOTCTHANを初めて見たかだと、『輸入品』と思う方も珍しくありませんが、BOTCHANは国内で作られた日本ブランドです。

 

日本人は欧米人と比べると肌が弱いので、海外のコスメを使うと肌荒れしやすいですが、BOTCHANは”毎日使えるように”と徹底した品質管理で、

どんな肌質でも利用できるように作られています。

 

BOTCHAN洗顔(ジェントルクレンザー)の特徴

 

ここではBOTCHAN洗顔(ジェントルクレンザー)の成分や特徴について解説していきますね。

 

BOTCHAN洗顔の成分は、以下のとおり。

 

botchan洗顔(ジェントルクレンザー)の成分表示
ミリスチン酸、水、BG、グリセリン、水酸化K、ステアリン酸、オクチルドデセス-25、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、ラウラミドDEA、コカミドDEA、ステアリン酸グリセリル、ジステアリン酸グリコール、ジオレイン酸PEG-120メチルグルコース、ラウロイルメチルアラニンNa、ソルビトール、ヨーグルト液(牛乳)、レモングラス葉/茎エキス、アーチチョーク葉エキス、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、グリチルリチン酸2K、トコフェロール、1,2-ヘキサンジオール、カプリリルグリコール、フェノキシエタノール、香料
出展:BOTCHAN公式サイト

 

ジェントルクレンザーは、石けんベースを作られていて、低刺激で肌にかかる負担が少ない洗浄力となっているので、

敏感肌のかたでも使用できる作りになっているそうです。

 

また汚れを落としつつ、保湿成分の『BG、グリセリン、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン』など、汚れを落としつつ、必要なうるおいを残すことを可能しています。

 

実際僕も使いましたが、あまり刺激が少なく程よく汚れを落とせました。

 

 

また肌に負担がかからないように、バラペンフリー、ノンアルコール、ノンシリコン、無着色、無鉱物油』の天然由来成分88%と、

残り美容液成分12%分が含まれている作りになっています。

 

 

 

男性用のスキンケア用品には、さっぱり感をだすために、アルコールが含まれていて刺激が強いものが多いですが、

ノンアルコールなので、安心して使えるのも嬉しいポイントでしょう。

 

BOTCHAN

(ボッチャン)洗顔を使ってみたレビュー

 

では実際にBOTCHAN洗顔(ジェントルクレンザー)を使ってみたレビューを紹介しますね。

 

 

結論からいうと、僕の肌質には合っていて、汚れもしっかり落ちている気がするので好印象です。

 

 

容器が大きい&スタンドが軟弱

 

まず驚いたのがパッケージがカラフルで、洗面所にあるだけでオシャレ感を演出できるのですが、容器の大きさにビックリしました。

 

手のひらに収まるのですが、置く場所に意外と困ったります(笑)

 

 

 

またスタンドが平らでコンパクトなのですが、なかなか立ちにくい...。

お風呂場に置いて使うと、コロコロ倒れて地味にストレス...笑

 

 

泡立ちにくいがボリューミーな泡で汚れを落とせる

 

容器の中身を出してみるとこんな感じです。

 

ジェントルクレンザーは、チューブタイプで適量(2㎝)をだしやすいです。中身はクリーミーで柔らかい質感。

 

公式サイトだと手で泡立てると書いてありますが、石けんベースで作られているからか、手だとかなり泡立ちにくいのでオススメできません。

 

 

また洗顔が液状のまま肌につけると、肌に負担がかかりますし、肌につけて洗顔料も落ちにくくなるので、

できれば泡立てネットを使用しましょう。

 

時短にもなるし、泡が肌の汚れをキレイ落してくれるのでオススメですよ。

 

 

洗顔ネットを泡立ててみると、手を逆さにしても落ちないボリューミーな泡が出来上がります。

 

 

肌になじませていくと、キメ細かい泡が皮脂を絡めとってくれている気がしてサッパリする印象。

 

 

ただ女性でも使うかたがいるそうですが、洗浄力が強そうなので、敏感肌のかたには向いていないかと思います。(個人的に)

僕自身問題なく使用できましたが、他のレビューサイトでも同様のことを挙げていたので、安易に使うべきではないかもしれません。

 

 

逆にいえば、肌が脂っぽい方、乾燥肌でない方なら問題なく使用できると思いますよ。

 

シトラス系の香りでスッキリする

 

ほのかに匂うシトラス系(柑橘系)香りが心地いいです。

イヤなニオイではないですが、人によっては少し苦手かもしれません。

 

 

男性がよく利用する「ギャッツビー」や「UNO]の上位互換というイメージで、ギャッツビーなどよりも肌に優しくて不要な皮脂を落とせるので、

サッパリしたい方には向いてそうです。

 

若干少し頬のあたりがピリッときた気がしますが、洗い終わったあとに肌を触ってみると、

突っ張った感じはなくサラサラした印象。

 

 

僕みたいな少し脂っぽい肌には合いそうですね。

 

BOTCHAN(ジェントル・クレンザー)洗顔が肌に合う人・合わない人

 

ここまで、BOCHAN洗顔(ジェントルクレンザー)の特徴や使用感を紹介しました。

botchan洗顔(ジェントルクレンザー)が向いている人

・アルコールが苦手

・変わったパッケージの化粧品を1つ欲しい&揃えたい

・顔が脂っぽい

・香料のする洗顔が欲しい

・アレルギーがない

ただ少し気になったのが、BOTCHANの公式サイトを見てみると、やたら「自然派」「天然由来」など、

オーガニックをPRする印象をあたえていて、少し違和感がある印象。

 

 

必ずしも天然由来が肌にいいとは限りません。複数の成分が含まれているということは、肌に合わない成分があることもあるので敏感肌のかたは注意が必要かと思います。

 

つまりBOTCHANが向いていない人は、

botchan洗顔(ジェントルクレンザー)が向いていない人

・アレルギーがある

・香りに敏感

・爽快感のある仕上がりがいい

☝でも伝えたとおり、BOTCHANには、複数の植物由来の成分が含まれているので、

なにかしらアレルギーを持っている方には向いていません。

 

とはいえ、「オシャレで使ってみたい!」という方も多いでしょう。

 

そこでBOTCHANを損することなく購入する方法を紹介していきますね。

 

BOTCHAN洗顔以外も気になる!損をしない購入の仕方

 

BOTCHAN

BOTCHAN(ボッチャン)化粧品の最安地は公式サイト



BOTCHANの洗顔だけでなく、3点セット(洗顔・化粧水・乳液)を継続して使いたいのなら、公式サイトが一番安いのでオススメですよ。

 

公式サイトで継続して利用すると、月額料金が割引されるのです。

・初回2,160円(税込み)61%off+送料無料

・2回目以降:6160円(税込み)約8%off+送料無料

またAmazonだと(2021年3月時点)6,820円かかるので、公式サイトがお得と言えます。
ただ注意点もあり、公式サイトを利用するとなると、2ヵ月分の利用が必須条件なのです。他にも『お客様都合での都合で返品・交換はできない、
『解約する場合も2ヵ月経ってから、お届け日の7営業日前に連絡しないといけない』と記載してあるので注意が必要。
公式サイトの注意点

・2ヵ月分利用するのが必須

・返品・交換は基本的にできない

・解約する場合は、営業日7日の前までに連絡

2ヵ月分利用しないといけませんが、それでも初回2000円+2回目6160円÷2ヵ月=『1ヵ月4,080円』
Amazonで継続して利用するより安いのは事実なので、ずっと使い続けたい!という方にオススメのプランです。
ちなみにキャンセル料もかかりません。

トラベルセットを利用するのもあり

 

 

BOTCHANのスキンケアセットが気になるけど『契約はちょっと...』という方は、「バックパッカーセット」がオススメですよ

 

約1週間分の『洗顔、化粧水、美容乳液、肌補正クリームの4・セットの内容。

 

バックもオシャレですし、1週間分の容量なら肌に合う・合わないを判断できそうですよね。

とりあえず試してみたい!という方には、ちょうどいいのではないでしょうか。



公式サイトならサンプルセットを無料で試せる

 

☝で公式サイトが一番お得と伝えましたが、『化粧品に4千円も払うのはちょっと...』『肌に合わなかったら、もったいない!』という方も多いでしょう。

 

公式サイトですと、無料で『Free Samole』を申し込めるので、”肌に合うか試してみたい”という方にオススメですよ。

 

内容は『洗顔・化粧水・乳液・補正クリーム』の4点。肌に合う・見極めたいという方には、かなり嬉しいポイントではないでしょうか。

 

 

BOCTHAN(ボッチャン)化粧品を購入できるお店はどこ?

     

    ここでは、実際店舗で試し塗りしたい!という方のために、BOTCHAN化粧品を置いてある店舗を一部載せてみたので、参考にしてください。

    ・東北:『Perfumerie Sukiya エスパル店』(仙台店)

    ・関東28店舗:(東京20店舗) (千葉県1店舗「そごう千葉店 )神奈川県(7店舗)

    ・中部6店舗:(愛知県3店舗)(静岡県2店舗)(新潟県1店舗)

    ・近畿12店舗:(京都3店舗)(大阪8店舗)(兵庫1店舗)

    ・中国(広島1店舗)

    ・四国:(愛媛県1店舗)

    ・九州:(福岡3店舗 長崎1店舗)

      『ドンキやドラッグストア』で販売していないの?と思うかもしれませんが、結論をいうとありません。

      ☝に挙げたお店か一部の『百貨店か蔦屋書店(TSUTAYA)』しかないそうなので、気になる方は足を運んでみてください。


      まとめ:セットで試し塗りするのがオススメ

       

      今回はBOTCHAN洗顔を実際に使ってみた感想と、BOTCHANのスキンケア3点セットをお得に購入する方法を紹介しました。

       

      ジェントルクレンザーは、僕の脂っぽい肌には合いましたが、肌が弱いかただと洗顔後に乾燥してしまいそうな印象があるので、

      ジェントルクレンザーを使う際は、保湿力の高い化粧水でしっかりケアしておきましょう。

      [getpost id="2113" title="オールインワン化粧水レビュー"

       

       

      また3点セットをそろえるほうがお得なかんじはしますが、必ずしもすべてのブランドをそろえる必要はありません。

       

      あくまであなたの肌の悩みに合わせた化粧品選びが重要なので、必要に応じて購入しましょう。

       

      ただ今の洗顔が物足りないのなら、変えてみるのも1つの手段です。

       

      ではまたあした。

      スポンサーリンク

      おすすめの記事