乾燥ってなぜ起きるの?保湿しても肌が乾燥する原因を【徹底解説!】
スポンサーリンク

んにちは。

 

 

美容大好きオガーです。

 

 

 

突然ですが『保湿してもすぐカサカサになる...』といった経験はありませんか?

 

 

『肌が乾燥したからとりあえず保湿しなきゃ』とついつい

やりがちですが、乾燥肌の状態や肌が乾燥する原因を把握しないと、

肌荒れやニキビができたりします。

 

 

今回は肌が乾燥する原因と正しい保湿について紹介していきます。

 

 

オトナになってから乾燥しやすくなったという方もぜひ参考にしてください。

 

スポンサーリンク

乾燥肌になる原因とは

 

 

そもそも乾燥肌ってどんな状態なのか

ご存じのかたはいらっしゃいますか?

 

 

結論からいうと肌の水分が不足している状態のことをいいます。

 

 

冬になると足の裏がゴワゴワして固くなりますよね?

それと同じで肌も乾燥してくると肌質が固くなって、

化粧水が浸透しにくくなるのです。

 

 

またバリア機能という外から異物を入らないようにしている機能が弱くなり、

外部からの刺激で肌荒れすることも。

 

 

もともと僕たちの体にも肌を保湿する成分があるのですが、

湿度が30%以下になると、肌の水分が蒸発しやすくなり

上手く肌のケアできなかった結果、肌が乾燥してしまうのです。

 

 

また肌が乾燥する原因はたくさんあるので以下を参考にしてください。

 

肌が乾燥する原因

・間違ったスキンケア(洗顔のし過ぎなど)

・ヒゲ剃りなどによる刺激

・生活習慣(睡眠不足 食生活 ストレス)

・加齢

・紫外線

・温度と湿度が低い

 このように人によって乾燥する原因が違うので、
 間違ったケアをすると余計乾燥したり、ニキビができたりするのです。
 まずは原因を知ることからはじめましょう。

肌の乾燥を防ぐ方法

肌に刺激が少ない洗顔を選ぶ

 

洗顔のし過ぎで乾燥することもあります。
『夜にしか洗顔料は使っていないのに?』と思うかもしれませんが、
洗顔料によって洗浄力が強い成分があるので、必要以上に洗いすぎてしまうことがあるのです。
もし洗顔後に、『肌が粉が吹き出る ゴワゴワする 乾燥する』となっていたら、
洗顔方法が合っていないのかも...。
使用していてなにも違和感がないのなら大丈夫ですが、
人によって肌が弱いかたもいるので洗顔を見直すことで
解決するかもしれません。
洗浄力が弱い成分(アミノ酸系)

・ラウロイルメチルアラニンNa

・ココイルグルタミン酸Na

・コカミドブロビルベタイン

 呪文みたいな文字を並べましたが、
 洗顔を購入するさいに参考にしてください。
スポンサーリンク

オススメの洗顔

 洗顔後に肌がつっぱりや粉吹きが起こらないように、
 個人的に使い心地がよかった洗顔を紹介します。

TBC BASEDは泡立ちがよく「コカミドプロピルベタイン」などの

敏感肌向けの成分が入っている。

 

また洗浄力の弱い成分ですが、

泡がのびやすく肌の汚れをキレイに落としてくれるのでスッキリします。

 

 

 

キュレルは泡ででてくるタイプで、
洗い上がりが肌に優しいのが特徴。
洗顔料を洗い流しにくいのですが、
洗顔後にサッパリしたいかたにオススメ。

間違った保湿ケア

 「保湿」と聞いても間違った意味で捉えているかたが多いそうです。
 「保湿」とは肌に水分を与えるのではなく、
 いかに肌が潤った状態を保つこと保湿といいます。
 化粧水をパシャパシャつけたり、水分の蒸発をふせぐために
 『肌にフタをする』という意味で、乳液をつけていませんか?
 実はこれらをずっとやっていても肌は乾いたままです。
 化粧水をたくさんつけても肌が吸収できるものは限界がありますし、
 重ねづけすると逆効果になることも。
 たとえば肌を土壌だとするとキレイな状態にするのが保湿なのに、
 水(化粧水)を与えすぎても、下から流れていってしまいます。
 まずは水持ちのいい土にすることが大切。
 肌もセラミドなどの保湿成分を与えて、
 肌の水分をキープする保水力のある肌にするのが重要なのです。

保湿成分はセラミドが一番!

 

 

先ほど伝えた通り保湿は水分をあたえるのではなく、

肌に水分をたくわえておくこと。

 

 

肌が乾燥してしまうのは肌のうるおいを保つ能力が弱くなって、

ひどくなると肌から白い粉が拭いたり、カサカサした肌になるのです。

 

 

そこで保湿に絶大な効果があり、

スキンケアにかかせないともいわれているのがセラミド。

 

 

セラミドは肌の表面にあるサランラップと同じ薄さ0.02mの『角層』にあり、

保湿のスペシャリストといわれているもの。

 

 

角層には『皮脂』『天然保湿因子』『セラミド』の三つの物質があるのですが、

肌の約80%の水分を『セラミド』が守っている。

 

 

皮脂や天然保湿因子にはほとんど保湿する力がないので、

セラミドが保湿のカギといわれるくらい重要なのです。

 

 

また赤ちゃんの肌がプルンプルンなのもセラミドが豊富に含まれているのが理由

 

 

しかし、セラミドは年齢とともになくなっていくので、

積極的にとりたいところ。

 

 

 オススメのセラミド配合のコスメ

 

クワトロボタニコ (QUATTRO BOTANICO) [メンズ ]

ZIGEN(ジゲン) オールインワン メンズ スキンケア ジェル

化粧水 【 乾燥肌 肌荒れ 対策 保湿 】 )

ユーグレナ ビーシーエーディーオム

NULL とろみ 化粧水

 

 

まとめ

いかがでしたか?
普段よかれと思って使用しているコスメも
もしかしたら乾燥の原因になっているかもしれません。
これから本格的に乾燥しやすい時期に入ってくるので、
スキンケアのやり方を見直してみてくださいね。
ではまたあした。

おすすめの記事