ヒゲにも除毛クリームって使えるの?濃いヒゲを処理したい男性が取るべき対策
スポンサーリンク

んにちは。

 

 

 

美容大好きオガーです。

 

 

『ヒゲが濃くて上手に剃れないから除毛クリームでキレイにする』『除毛クリームなら一気にヒゲを処理できそう』

など、除毛クリームを顔に使用していませんか?

 

 

除毛クリームはドラッグストアで手軽に購入できますし、YOUTUBEでもヒゲに使う方もいますが、

ヒゲや顔には絶対にNG!!

 

なぜかというと、パッケージも書いてある通り、刺激が強すぎて肌荒れするから。

 

よく間違われやすいですが、抑毛クリームなら顔にも使用できますし、

ヒゲ処理にも推奨されているので使うのもありです。

 

今回は自宅でできる、ヒゲの処理方法のメリット・デメリットを紹介していきますね。

 

スポンサーリンク

除毛クリームは顔やヒゲには使えない:除毛クリームの正しい使い方

 

除毛クリームはムダ毛処理で使うなら、短時間で一気にムダ毛を処理できて抜群の効果を発揮しますが、

顔につけるとヒリヒリして、かなり肌にダメージがかかるのでオススメできません。

 

また低刺激のものがあり、上手にヒゲを処理することもできるかもしれませんが、

肌に負担がかかっていることは変わらないのも事実。

 

除毛クリームをオススメできない理由は主に『顔に刺激が強すぎる、口の中に入ることがある』など主に2つ。

 

除毛クリームをヒゲ処理にオススメできない理由1:肌に刺激が強すぎる

 

除毛クリームには、『チオグリコール酸』という毛を溶かすほどの強い成分が含まれています。

顔の皮膚は薄く敏感なため、除毛クリームの成分は顔には刺激が強すぎるのです。

 

実際除毛クリームには、『VIO対応』なら記載されているものがありますが、

「顔にも使用できる」とは記載されていません。

 

顔に塗ってしまうと、ヒリヒリしたり敏感肌だと赤く腫れあがってしまうこともあるので、

もし使う際は自己責任になってしまいます。

 

肌のことを考えるなら、無難にシェーバーで剃るか、脱毛するほうがいいでしょう。

 

 

除毛クリームをヒゲ処理にオススメできない理由2:誤って口の中に入る

 

☝と少し似ていますが、除毛クリームは毛を溶かす成分が含まれていると伝えました。

顔に塗ると、目や口に入って取り返しのつかないことになるかもしれません。

 

また眉毛やまつ毛がクリームが一部ついて、抜けてしまったかたもいるそうです...。

 

顔に除毛クリームを全体的に塗って、しばらく放置してたらまつ毛まで全部抜けてしまったのですが、ちゃんと元どおりに生えて来ますでしょうか?
心配です。

 

ちなみに顔につけると、除毛クリームには独特の匂いあるので、

かなりツーンとして苦しい思いをすることもあるでしょう。

 

 

除毛クリームを使用した人のコメント

 

除毛クリームを間違えて顔に使用してしまいました。
炎症を起こし痛いです。そして醜いです。赤くなっており,肌の表面が凹んでいる部分もあります。泣きそうです。再生しますか??ホントにしんどいです。むり、再生しますか??再生しますか??再生しますか??

 

このように顔は全身の皮膚のなかでもデリケートで、顔に徐もクリームを使用したほとんどの方が、

ヒリヒリして赤く腫れるというコメントを多く見かけました。

 

また除毛クリームを塗ってもヒゲが落ちるわけでもなく、ただヒリヒリするだけという方もいるので、

ヒゲにはあまり効果がないかと思います。

 

☝でも伝えたように、ただ顔が炎症するだけでなく、さいあく失明やまつ毛や眉毛が抜け落ちることもあるので、

顔には使用しない方がいいといえるでしょう。

 

 

除毛クリームの正しい使い方

 

では除毛クリームを使う際は以下の点に注意してください。

除毛クリームを塗る際の注意点

・使用前に肌に合うかパッチテストをする(腕につける)

・肌が弱いなら「敏感肌用」と記載されているものを使う

・肌が炎症していたり、日焼けしているなら避ける

 

除毛クリームを効果的な使いかたは、『脱毛部位を温める→脱毛部位を清潔にする→肌が乾いてから塗る』のスリーステップ!

 

脱毛部位をホットタオルかぬるま湯で温めることで、ムダ毛が柔らかくなり、除毛効果があがります。

脱毛部位の皮脂や汚れを落とすことで、クリームの浸透率があがる効果も。

 

また肌が乾いた状態でないと、水気が邪魔をして中途半端に毛が抜けるので、しっかり乾かしましょう。

 

またクリーム塗布後は、かならずボディクリームor保湿クリームでケアしてくださいね。

 

ヒゲを自己処理するアイテムの特徴をカンタンに解説

 

男性なら毎日のヒゲを剃っているかと思いますが、おそらく中にはなんとなく利用していて、

ヒゲ剃りの特徴やメリット・デメリットを把握していないかと多いかと思います。

 

ヒゲの濃さは個人差があり、朝剃っても早い人だとお昼には少し伸びてきたり、

剃り残しが青くみえて、いわゆる青ヒゲになって悩んでいるかたも珍しくありません。

 

僕自身青ヒゲにかなりコンプレックスがあり脱毛しました(笑)

 

ここでは普段男性が利用している、ヒゲ剃りアイテムのメリット・デメリットを紹介していくので、

普段の処理方法を見直してみてください。

 

毛抜きで抜く

 

『ヒゲが濃いから抜く』『抜いたほうがスッキリする』からといって、毛抜きでヒゲを抜いたりしていませんか?

 

毛抜きは、ヒゲを毛根から抜けやすく、ヒゲが生えてくるのを遅くできますが、

かなり手間ですし、なにより肌にとっっても負担がかかるので今すぐにやめましょう。

 

毛抜きで無理やり抜いてしまうと、毛穴が開いてそこに菌が入ってしまい、

ニキビや吹き出物、ニキビに似た毛嚢炎(もうのうえん)ができてしまいます。

 

するとヒゲがせっかくなくなっても、結局きたならしい肌になってしまうので、

安易に抜くのは絶対にやめてください。

 

 

もし毛抜きで抜く場合も、必ず抜いた箇所を冷やすor保湿して、

アフターケアしてあげましょう

 

カミソリで剃る

 

ムダ毛の処理の定番といったらカミソリですよね。

 

カミソリは100円ショップやコンビニで手に入りますし、小学生でも使用できることから、

誰でも1度は使ったことがあるでしょう。

 

男女問わず便利で利用する方も多いですが、カミソリでヒゲを剃ると、

肌の角質も一緒に落としすぎたり、さいあく出血することもあります。

 

 

カミソリでヒゲを剃る際は、必ずシェービングクリームを塗って、

滑りをよくしてから利用してくださいね。

 

 

電動シェーバーで剃る

 

カミソリ同様ヒゲが硬い男性の味方といえる電動シェーバー。

 

カミソリと違い肌に直接刃が触れないことから、肌にかかる負担も少なく、

カミソリよりもキレイに剃ることができるのが魅力。

 

ただヒゲが剃りにくいからといって、強くおしつけるように無理に処理しようとすると、

肌が傷つくこともあるので注意が必要。

 

 

また傷ついた毛穴のなかに、細菌が入ってニキビや吹き出物、毛嚢炎など、

肌トラブルを起こすこともありますし、安いシェーバーだとヒゲが引っかかることもあります。

 

 

できるなら高いですが5,000円以上するシェーバーなら、剃りやすいのはもちろん、

肌にかかる負担も少ないので、買い替えを検討してみてください。

 

 

濃いヒゲに抑毛クリームを使うのもあり

 

抑毛クリームって聞いたことありますか?

 

冒頭でも伝えましたが、よく除毛クリームと勘違いするかたもいますが、

抑毛は即効性はないですが、ヒゲが生えるのを遅くする効果があります。

 

抑毛クリームには、女性ホルモンに似たイソフラボンなどの成分が含まれていて、男性ホルモンの分泌を抑える効果があり、

ヒゲを剃った後に塗ることで、肌を保湿しつつヒゲが伸びるのをふせぐことができるんです!

 

朝ヒゲを剃っても夕方には生えてくる...という方にオススメ。

使い続けるほど、ヒゲの成長スピードや全身にも塗れるので、ムダ毛を抑えることができますよ。

 

ただ1つ2,000円以上するのがネック...。

 

 

 

メンズ脱毛サロン&脱毛クリニックに通うのが確実

men'sTBCのニードル脱毛




men'sTBCは男性専門の脱毛サロンで、全国に40店舗以上展開していて、

ヒゲに悩む男性からの支持されている大手脱毛サロンです。

 

 

men'sTBCはメンズ脱毛サロンには珍しく、美容電気針を使用したスーパー脱毛を採用していて、

日焼け肌や白髪でも、その場ですべて処理してくれます。

 

 

ただそのばでヒゲを抜いてくれるので、脱毛の実感はしやすいですが、

すべてのヒゲを処理するとなると、かなり高額になりやすいので注意が必要(個人差ある)。

 

 

とはいえmen'sTBCは1,000円(時期によっては500円)で体験脱毛できるので、

脱毛しつつ料金などを相談するのもいいでしょう。

 

脱毛コースで、しっかりヒゲ脱毛!初回限定1000円★


 

メンズリゼクリニック




メンズリゼクリニックは、全国に20院展開している(拡張予定あり)脱毛クリニックで、

男性に人気の脱毛クリニックです。

 

3種類の脱毛器を使用し肌質・毛質に合わせて、男性のニーズに応えながら、毛を確実に減らしてくれます。

 

施術箇所も細かく指定できピンポイントで脱毛してくれますし、またなんといっても脱毛プランもかなり豊富なので、

『ヒゲ脱毛したら他の箇所も気になるなぁ...』となっても、すぐに自分に合ったプランを探すことも可能。

 

『また金銭面が不安...』という方でも、学割プランや月々3,000円から支払いができますし、

ヒゲ脱毛後のアフターケアも全て無料で対応してくれるのもうれしいポイント。

 

女性スタッフも常備されていますが、施術するのは男性なので、変に緊張することもないでしょう。

 

メンズリゼクリニックの無料診断はこちら

まとめ:除毛クリームを使うなら抑毛ローションを使おう

 

今回は顔やヒゲに除毛クリームを塗るリスクを紹介しましたが、

除毛クリームが顔に適さないことが分かっていただけたかと思います。

 

基本的に徐もクリームは顔に使用できないものばかりで、

もし肌に優しい抑毛ローションでスキンケアしつつ、ヒゲを抑毛しましょう。

 

もしくは完全にヒゲをなくしたいのであれば、クリニックでの脱毛を強くオススメします。

 

ではまたあした。

スポンサーリンク

 

 

おすすめの記事