座る席で異性の印象が変わる!/合コン・食事で好感度を上げる方法
スポンサーリンク

んにちは。

 

 

美容大好きオガーです。

 

 

今回は合コンや食事の席でのベストポジションを紹介していきます。

 

突然ですがあなたは、普段合コンなど人が集まる場所で座る位置を

気にしたことはありますか?

 

 

もし指示されたとおりに座っていたり、なにも気にせず空いてる席に

座っているのなら...

 

ばっきゃろー!

 

といってもいいくらい勿体ないですよ。

なぜなら座っている席によって、相手の印象が変わったり、

そのあとの会話に影響がでてくるから。

 

あなたがもしどこにいても笑いをとれる方なら何も問題はないですが、

これを見ているということは大体の方がむずかしいはず。

 

これは合コンに限らず座る席を気にするのはとても重要なのです。

 

これから伝えるベストポジションや座ってはいけない席を把握して、

モテ男子になりましょう。

 

 

スポンサーリンク

真正面だけはさけて!

 

 

 

ここに座れば相手から親しみやすくなるという席がある一方、

ここは避けたほうがいい!というポジションもあるのです。

 

ネタバレしていますが真正面です...

 

この一見面と向かっていてお互い話しやすそうな位置に見えますが、

この形に入ると上手くいく確率はけっこう低い。

 

なぜかというと心理学的に相手の正面に立ってしまうと、

無意識に『敵対心』を持ってしまうから。

 

会話を続けていてもなにか圧力を感じやすいし、

しかもテーブルを挟んでいるので距離を縮めにくく印象にも残りにくいのです。

相手からの好みの相手だったり波長が合うなら別ですが、

そうでないのなら席移動するのがオススメ。

 

 

 

最初は相手からみて左斜め前にしよう

 

最初は向かって相手から左斜め前の席がいいスタートをきれる

最高の席といえます。

先ほど真正面は相手を無意識に緊張させる席と伝えましたが、

左斜め前の席は相手のの緊張をやわらげるという効果があるのです!

 

一回イメージしてみてください。

相手が左斜め前に座るとなにか違和感がありませんか?

 

人間の視線は右から左に流れやすいといわれていて、斜め左側にすわることで、

相手の視界に入りやすく記憶に残りやすいという効果も期待できるそうです。

 

またこのポジションはL字型『カウンセリングポジション』といい、

なにか対談するtv番組などこのポジションを利用して、

相手が本音を話しやすくしているのだとか。

 

 

本音を話してくれるようになれば、

自然と会話も弾みやすくなりますし連絡先もゲットできるはず!

 

ベストは相手からみて左側!

 

 

ベストはやっぱり隣が一番!

なぜかというと隣に座るだけで『認知的不協和』が起こるから。

 

つまり相手が『この人となら親密になれそう』と脳が錯覚するのです。

 

『じゃあ最初から隣がいいの?』と思うかもしれませんが、

いきなり相手のパーソナルスペース(相手のテリトリー)に近づきすぎると、

相手が引いてしまうこともあるのであまりオススメできません。。

 

親しくなってくると物理的な距離感も縮まりますが、

まだ親しくもないのに距離が近いと不快に感じる女性もいるのも事実。

 

最初は先ほど伝えたL字型から相手との距離に気をつけつつ、

徐々に物理的に近づくのがオススメです。

 

それでもすぐに隣に移動したい!というかたは、

女子より先に店に入り席を一つづつあけて誘導するのも

ひとつの手段。

 

いきなり隣は...という方は斜め前に座り少し仲良くなってから、

隣に移動しちゃいましょう。

 

LINEゲットやその先までいけるかもしれません。

 

よかったら参考にしてください。

 

ではまたあした

スポンサーリンク

おすすめの記事