ヒゲを毛抜きで抜くのはリスクしかない!/毛抜きの危険性や自己処理方法を紹介
スポンサーリンク
こんな方におすすめ

・毛抜きでヒゲを抜くことがある

・オススメの処理方法を知りたい

・ヒゲをなくしたい

 

 

 

んにちは。

 

 

美容大好きオガーです。

 

 

「毎日のひげ剃りが面倒くさい!」

 

「ヒゲが青いから毛抜きで抜く」

 

「剃るより抜いたほうが効果がありそう」

 

ついつい自己処理が面倒くさくて、こんな考えを持っている男性はいませんか?

 

 

たしかに毛抜きで抜くことで、ヒゲが生えてくるスピードが遅くなることもあり、

手軽に処理できることから、利用する方も多いでしょう。

 

 

ですが毛抜きは一時的に毛がなくなるだけで、ほとんどメリットはありません。

 

 

 

それどころか肌荒れして、余計肌がきたなくなって清潔感がない肌になってしまい、

ヒゲがある状態のときより、見た目がわるくなるかも...。

 

 

「でもカミソリは面倒くさい...」

「カミソリ負けする!」

 

というかた向けに今回は、肌にかかる負担が少ない処理方法と毛抜きのリスクを

紹介していきます。

 

『毛抜きで抜くことがある...』という方、ぜひ参考にしてください。

 

 

ヒゲを毛抜きで抜くメリットは?

 

 

 

一時的に青ひげが目立たなくなる

 

 

冒頭でも伝えましたが、一応毛抜きで抜くことで、

一時的ですが青ヒゲがなくなるなどのメリットがあります。

 

 

なぜかというと、青ひげはカミソリや電動シェーバーで、

毛の表面をカットして、皮膚の中にある毛が透けて青く見えるのが青ヒゲの正体なのです。

 

 

毛抜きはヒゲ自体を抜いて一時的に毛がなくなるわけですから、

 ヒゲが薄くなる・青みが消えた!と勘違いちがいする方が多いのも納得できますね。

 

 

 

 

毛が生えるのが遅くなる

 

 

 

 

 

 

 

カミソリや電動シェーバーだと毛の表面をカットしているだけですが、

毛抜きを使うことで、皮膚の奥深くにある毛根で守っている、”毛包”(もうほう)が抜けます。

 

 

おそらくヒゲを毛抜きで抜いたことのある方なら、ピンとくるかと思いますが、

毛を抜いた際に、毛に白い固まりがついていることはありませんか?

 

 

毛根と勘違いされやすいですが、あれが”毛包”(もうほう)です。

 

 

そのため次に生えてくる毛が、1週間ほど(個人差ある)生えてこないので、

自己処理の頻度が減ることもある。

 

 

 

ただまた毛は生えてくるので、永久脱毛にはならないということを

覚えておいてください。

 

 

ヒゲを抜くデメリットは4つある!

 

繰り返しになりますが、毛抜きで抜くことで一時的にヒゲがなくなりますが、

それ以上にデメリットが圧倒的に多いので、しっかり把握しましょう。

 

 

 

毛嚢炎(もうのうえん)になる

 

毛抜きでヒゲを抜くことで、毛穴が開きそこに雑菌が侵入して、

炎症や毛嚢炎(もうのうえん)などの肌トラブルが起きます。

 

 

毛嚢炎(もうのうえん)は上記の画像のような、白ニキビや赤ニキビに似ていて、

よく間違えやすく、一度できると治りが遅くかなり面倒くさいです。

 

せっかく見た目を気にして肌があれてしまっては本末転倒....。

 

 

もしできてしまっているなら、オロナインを塗るのもありですが、

できれば皮膚科にいくのがオススメ。

 

 

 

皮膚の中に毛が埋まって成長する『埋没毛』が発生する

 

 

埋没毛(まいぼつもう)とは、埋もれ毛とも呼ばれていて、

ヒゲが表面にでてこなく、皮膚の中で毛が成長してしまっている状態のこと。

 

 

黒い点のように見えて、黒い毛(ヒゲ)と混ざることで、

かなり見た目が悪くなります。

 

 

また毛抜きで埋まった毛を抜く方もいますが、抜くとシミになってしまうので、

大人しく皮膚科にいきましょう。

 

 

 

 

色素沈着になる(シミができる)

 

 

毛抜きで抜くことで、肌にかなりダメージがかかってしまい、

そこで肌を守ろうとメラニン色素が過剰に分泌されて、色素沈着ができてしまいます。

 

 

色素沈着とは、日焼けをした時のような肌に黒ずみができる状態で、

これを直すとなると、長い年月が必要になってしまいます。

 

 

 

ヒゲをなくして”肌をキレイにしたい!”と思うのなら、

絶対にやめておきましょう。

 

 

 

毛が濃く生えてくることもある

 

 

ヒゲを抜くと毛が薄くなるという噂を、聞いたことがあるかと思いますが、

絶対にありません。

 

なぜかというと、毛を薄く・なくすには、皮膚の奥深くにある毛乳頭に、

刺激を与える・破壊しなければ、ずっと同じ太さの毛で生えてくるのです。

 

 

むしろ濃い毛で生えてくることもありえるかも...。

 

 

 

毛は体を守るために生えてくるもので、

中途半端に抜いてしまうと、”肌を守らなきゃ!”と太い毛が生えてくるかもしれません。

 

 

 

毛抜きでヒゲを抜いた男性の声

ヒゲを抜くデメリットを伝えましたが、

実際に"ヒゲを抜いた男性はどうなるのか?"

男性の声をみて行きましょう。

 

毛抜きでヒゲ抜きまくってます!全然ヒゲ生えてくるのですがどうしたらいいのでしょうか??
高1から高2くらいからヒゲを毛抜きで抜いて5~6年経ちます現在22歳、バリバリ髭生えてきます

私はヒゲがかなり濃いです。今現在20代前半の男です。
中学時代からT字の剃刀で剃っていました。
高校入学したての頃からか「ヒゲが濃い」「オッサン」等々言われはじめ、それが嫌でヒゲをほぼ全部毛抜きで抜いていました。
最初抜いたときは痛みもそれ程感じず、スムーズにすべて抜け、「これで毎日剃らなくていいし楽だ」と思っていました。
学校に登校してもクラスメイトにヒゲの事でいじられる事もなくとても楽しい毎日でした。
しかし日が経つにつれまた生えてきて、また抜くを繰り返し続けました。
回数を増やすに連れ、毛が太くなり肌も荒れはじめ抜くのも大変になってきました。

私は1ヶ月ほど前まで髭の処理を髭抜きをしていました。
友達にどじょう髭みたいになってるよと言われましたが、髭は生えてなかったので言っている意味がわかりませ
んでしたが、
鏡を見ると黒ずんでいました。
それから毛抜きをやめて毛を剃ることにし、ケノンを使って脱毛もはじめました。

しかし、黒ずみは治りません。

 

 

といった感じです。

やはりヒゲを抜くとその場ではスッキリしますが、何度も繰り返すと、

かえって肌が荒れて汚くなるかたが多いそうですね。

 

 

青ひげなら脱毛をすれば改善はできますが、肌にシミができると、

ヒゲをなくすより時間がかかるので、毛抜きはやめておきましょう。

 

肌に負担がかかりにくいヒゲの処理方法

 

電動シェーバー

 

毛抜きはもちろん、カミソリや電動シェーバーでも大なり小なり肌に負担はかかるものです。

 

 

ですがカミソリは、カミソリ負けやヒゲと一緒に肌の角質も落としてしまい、

乾燥してしやすい肌になってしまうことも....。

 

 

電動シェーバーは肌に直接刃が当たらないので、

肌に優しくキレイに剃れます

 

 

高い電動シェーバーを買う必要はありませんが、

ブラウン・フィリップモリスのシェーバーは使いやすく、

アゴ下など剃りやすいのでオススメですよ。

 

 

ブラウン メンズ電気シェーバー

 

 

またひげ剃り後は、保湿力のある化粧水か乳液で、

肌コンディションを整えてあげましょう。

 

 

家庭用脱毛器

 

家庭用脱毛器は、脱毛サロン・クリニックで使用されている脱毛器で、

自宅で手軽にヒゲを脱毛できます。

 

 

 

ただお店やサロンのと比べると脱毛のパワーが劣り、

効果を実感するまで、1ヵ月~3ヵ月以上(個人差ある)かかるので、

早くヒゲをなくしたい!というかたには向いていません。

 

 

ただお店に出向かなくても気軽に脱毛できますし、

しっかり当てていれば効果はでるので、マイペースに脱毛したい場合は、

検討してもいいでしょう。

 

 

どうしてもヒゲを抜きたい場合は?

 

ここまで毛抜きのリスクを解説しましたが、

「それでもヒゲを抜きたい!」というかたは、

ぬるま湯で毛を温めることで、ヒゲが柔らかくなり少し抜けやすくなりますよ。

 

 

また抜くときは、思いっきり引っ張るのではなく、

少しずつゆっくりと抜いてください。

 

 

抜いた後は、肌が延焼しないように保冷材などで冷やして、

肌をクールダウンさせましょう。

 

 

ただ繰り返しいいますが、肌に負担がかかるのは変わりないので、

なるべく電動シェーバーで剃るのがオススメです。

 

 

ヒゲの処理が面倒ならクリニックがオススメ!

 



おそらくヒゲを毛抜きでヒゲを抜く方は、

ヒゲをなくしたい!という方が多いかと思います。

 

ヒゲを完全になくしたいのなら医療クリニックがオススメですよ。

 

 

「脱毛サロンじゃダメなの?」と疑問に思うかもしれませんが、

脱毛サロンですとヒゲは薄くなりますが、また再度ヒゲが生えてくることもあります。

 

 

クリニックですと、万が一肌トラブルがあっても、すぐに対応できますし、

脱毛効果も抜群に高いので、ヒゲが薄い方なら5回程度の施術でツルツルになるかもしれませんよ。

メンズリゼクリニックですと、初診料・再診料が無料で受けられるのでオススメですよ。

 

 

またメンズリゼクリニックの特徴は、なんといっても脱毛プランの豊富さで、

ヒゲ以外の部位も脱毛したくなっても、自分に合った脱毛プランを用意してくれます。

 

また月々の支払いを3,000円代に抑えられることも可能。

 

 

[table id=7 /]

 

 

メンズリゼクリニックの無料診断はこちら

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

毛抜きは一時的な効果しかありませんし、埋没毛や炎症など、

ほとんどデメリットしかないので、絶対にやめましょう。

 

どうしてもヒゲを脱毛したいのなら、脱毛サロン・クリニックに行くのが一番です。

 

またお店で脱毛するのに抵抗があるなら、家庭用脱毛器でも、

ヒゲを処理できますよ。

 

自分に合ったヒゲ処理方法が見つかるキッカケになったら幸いです。

 

ではまたあした。

 

おすすめの記事