Men'sTBCでヒゲ脱毛してきた体験レポート/脱毛効果&料金・勧誘など本音で公開
スポンサーリンク

men'sTBCは、全国に40店以上展開している、大手メンズ専用のエステサロン。

 

おそらくヒゲ脱毛を調べることのあるかたは、men'sTBCかダンディハウスをイメージするかたも多いかと思います。

 

そこでまた気になるのが『脱毛効果 料金 勧誘』などでしょう。

 

今回は実際ぼくがmen'sTBCの、ヒゲの体験脱毛にいった感想を本音で紹介していきます。

 

どのくらい痛いのか?料金や脱毛効果を詳しく解説していくので、ヒゲ脱毛を検討しているかたぜひ参考にしてください。

 

スポンサーリンク

men'sTBCがしつこいって聞くけど本当?勧誘されない方法はある?

 

 

勧誘がしつこいって聞くけど、勧誘はあるの?

断る方法はある?

 

結論からいうと勧誘はありました。

お店のスタッフにもよるもので、ぼくが入ったお店では、
何十分も拘束されるようなことはありませんでした。

基本的になにかしら契約プランを、提案されると思っておいた方がいいです。

 

 

後ほどカウンセリング内容&脱毛を受けた感想を紹介しますが、カウンセリングの際に脱毛しにきた動機を聞かれると思うので、

そこで『今日は体験だけで考えています』とハッキリいっておくのもいいでしょう。

 

 

men'sTBCのスーパー脱毛の範囲は?

 

men'sTBCのスーパー脱毛の範囲は、

 

出展:men'sTBC

 

顔に関しては顔全体(眉の下以外)を脱毛できるので、ヒゲを完全に脱毛してツルツルの肌にすることも可能。

 

men'sTBCのスーパー脱毛ってなに?

men'sTBCのスーパー脱毛は、医療レーザーについで、最も永久脱毛にちかい施術方法。

1本使い捨ての『美容電気針』を使用して、衛生面はもちろん1本ずつムダ毛を抜いて施術するので、
施術した毛は二度と生えてきません。

またスーパー脱毛は毛質(ホクロ毛・白髪)や肌質(日焼け肌)を関係なく、脱毛できるのが最大の強みですね。

 

 

クリニックで脱毛するほうが安全じゃないの?

医療資格を持っていないのに大丈夫なの

men'sTBCのスタッフは数ヵ月の厳しい教育・研修をクリアした方が、
施術するので技術力に申し分はないです。

 

またスタッフ同士でスーパー脱毛を体験し、
AEA認定(日本エステティック業協会)の受験を合格した猛者ばかりだそうです。

 

 

 

 

予約から来店までの流れ

 

ではここから実際men'sTBCの、ヒゲ脱毛の体験内容を紹介していきます。

 

 

まずは予約方法がネットか電話の2択で予約内容が、

・サービス内容(脱毛)

・希望コース(顔or体)

・希望の地域とお店

・来店日時(日付から時間まで予約)
 ※電話なら当日以降orネットなら翌日以降

ネット予約なら『予約可能な日と時間』を見れるので、自分のペースで楽に予約できますよ。

 

予約が完了すると予約完了メールが届き、men'sTBCから電話がかかってきます。

内容が以下の通り。

・当日のひげ剃りを控えてほしい
 
 スーパー脱毛は、脱毛箇所をピンセットでつまむので、
 1mm以上伸ばすのが必須だそうです。 予約日前日に伸ばしておけばいいとのこと。

 

ではさっそく来店してみると、キレイなお姉さんに予約名を伝えて待機スペースでスタッフを待ちます。

 

 

お店のなかは、薄暗くて落ち着いた雰囲気で、ウォーターサーバーと雑誌を読みながら待っていると、

20代(学生さん?)~40代ぽいお客さんをよく見かけました。

 

そこまで高級感もなく、個人的には男しかいないからか、

かなりリラックスできる空間で、緊張することもありませんでした。

スポンサーリンク

カウンセリングから施術までの流れ

 

 

5分ほど待つとスタッフさんに声をかけられ、受付の横の席(ちょっと狭かった)に移動してカウンセリングスタート。

 

カウンセリング『問診表とアンケートを記入』

・肌のトラブル(アトピーやアレルギーがあるか)

・ヒゲ剃りの頻度

・体験脱毛しにきた動機

・どのくらい仕上がりにしたいか(青ひげを解消したい!など)

 

またこの場では脱毛内容や脱毛にかかる時間や施術期間を説明を受けるだけで、まだ勧誘する気配はありません。

 

ちなみに僕は鼻下ヒゲ脱毛が希望で、どんな仕上がりになるのか、過去の施術者の写真を見せていただきました。

 

見てみると脱毛して一か月でかなりスッキリしている人もいます。

話を聞いてみると施術を受けた人の中には、ヒゲをある程度残して施術を終了する人もいるそうです

 

 

また全て脱毛しなくてもヒゲが薄く青ひげも解消されて清潔感がかなりアップするとか。

 

 

顔の毛をなくしたい場合は個人差にもよりますが、一回の施術で終わらなく約1年ほどかかり、

スーパー脱毛(ニードル脱毛)は、毛を一本一本処理し毛の密度を減らしていき、青髭をなくしていけるそうです!

 

 

ニードル脱毛の効果と脱毛にかかる期間

 

スーパー脱毛とは、毛穴に細いハリを挿入し電気熱を流し、その場でヒゲを抜いてくれる脱毛方法。

 

発毛組織に刺激を与えてヒゲを抜いてしまうので、処理したヒゲは2度と生えてこないそうです。

 

 

出展:men'sTBC

 

ですがmen'sTBCをリサーチすると、脱毛してもヒゲが生えてくる!と聞いたことはありませんか?

 

本当に効果はあるの?と疑問に思うかたもおおいはず。

 

その理由は毛周期が一番の理由かと思います。

 

 

毛周期ってなに?
ヒゲに限らず毛には生え変わりの周期があり、
成長期→退行期→休止期の順で毛が生え変わります。この生え変わりが約8週間といわれていて、成長期にヒゲ脱毛するのが最適です。成長期を逃して脱毛してしまうと、満足できる効果を得られなかったり、
また完全にツルツルにするのには1年半かかるといわれています。

 

そしてスタッフさんいわく抜いた毛は二度と生えてこないですのが、

処理した毛穴の中にはヒゲが5~6本埋まっているそうなので、これもひとつの原因かと思います。

 

 

またカミソリで処理していく回数が減るので、肌に負担をかけることが少なくなっていき、

結果的に肌がキレイになっていくそうです。

 

 

 

痛すぎるニードル脱毛:どのくらい痛いの?施術時間は?   

 

 

カウンセリングが終わったら、施術室に移動しベッドにうつ伏せになります。

僕が行ったお店では、ほとんど女性スタッフだったのですが、担当していただいたのは店長さん(男性)でしたorz

 

 

 

 

完全個室で部屋は明るくて、ベッドの寝心地がいいのでリラックスして施術を受けられますよ。

 

 

 

そしてここからいよいよ施術が始まります...。

 

 

 

 

まず施術前と施術後の状態を見比べるために脱毛箇所の写真を撮り、目にはアイマスクをかけて、

衛生面などを考慮して、脱毛箇所にアルコール消毒してから脱毛開始。

 

 

スタッフさんから『痛みの確認で2~3本施術しますね』と、『ピピッ』と機械音が聞こえると、

 

 

バッカ痛い!!

 

どうやら皮膚の薄い部位『鼻下や下唇の下』が痛みを感じやすいそうです。

 

これを150本か...とおもうと帰りたくなりますね(笑)

 

 

 

毛穴にクローブ(細いハリ)を入れて、電流を流してから1本1本ピンセットで抜いていき、

時間にして一本2秒ほどで処理していき施術時間は30分ほどで終了。

  

 

 

どれくらい痛いの?

大の大人が涙がでて脂汗をかくぐらい痛いです!

ただ施術していけば徐々に慣れて、なかには寝てしまう人がいるそうなので、
痛みにある程度我慢できる人は問題ないかもしれません。

 

 

施術施術後は赤くはれているので、冷たいジェルで冷やし10分ほど放置して終了。

 

 

施術後のカウンセリング 勧誘はある?料金など公開

 

 

 

体験脱毛がおわるとウンセリング室に移動し、

 

・脱毛前(写真)と脱毛後の肌状態を確認

・料金プランの提案(勧誘)

・脱毛後のケア方法

などの説明を受けます、

 

 

脱毛前と脱毛後の肌を見比べてみると、少し赤く腫れていますが、毛の量が明らかに減っていて、

肌が見える状態になっていました!(テンション高い笑)

 

耐えた甲斐はありましたね。他の脱毛方法だとヒゲが抜け落ちるまで、1週間以上かかり、

men'sTBCのスーパー脱毛は、脱毛効果をすぐに実感できるのがうれしいポイント!

 

 

そして今後の契約した時の料金の説明を受けて提案されたのが、

 

入会金or事務手数料:13,200円 (契約年数2年)

脱毛本数1本:132円 (会員:110円)

支払い方法 『現金、クレジット、リボ払い、月々5,000円~』

僕が提示されたプランは、脱毛本数800本の105,800円でした。

出展:men'sTBC

 

脱毛後は赤く腫れて放置すると後に残るので、冷却ジェル1本,16,500円ほどかかります。

 

 

men'sTBCの脱毛料金は抜いた本数で決まるのですが、ヒゲの本数も個人差があり、

○○円あればツルツルになる!とは断言するのが難しいのだとか。

 

 

ただ脱毛の見積りをだしていただいたので、よかったら参考にしてください。

[table id=41 /] [table id=42 /]

 

このように脱毛本数が多くなると、1本単位の価格が安くなっていき、

30%からヒゲ剃りが週に1回程度(個人差ある)で楽になるそうです。

 

 

青ひげがあるかたは45%~55%ほどまでいくと解消できるのだとか。

 

 

おそらく完全にツルツルにするには、80万ほどかかるのじゃないかとおもいますが、

ツルツルにしなくても青ひげが解消(50%)されたら、脱毛をやめてしまうかたもいるそうです。

 

 

個人的には医療レーザー脱毛を施術できるなら、クリニックで10万ほど払って脱毛してから、TBCで残ったヒゲを脱毛するという利用方法が

コスパがいいような気がします。

 

ただ肌が元々黒かったり日焼けをしている人orその都度脱毛効果を感じたい!というかたなら、1度脱毛体験してみるのはありでしょう。

 

ぶっちゃけ1,000円でニードル脱毛を体験できるのは、かなりお得なので利用しない手はないですよ。

契約したらバカ高いですが...。


 

結局契約はしたの?

僕はしました。

なぜかというと元々肌が黒いのと、仕事上毎日外に出ていて、
クリニックの脱毛を断られたので、当時の脱毛手段がニードル脱毛しかなかったから

 

men'sTBCの口コミのまとめ 金額や脱毛効果など

ここでは僕以外のヒゲ脱毛を受けた方のコメントを紹介していきます。

 

☝でも伝えたように、金額はハッキリいって高いです。

利用するタイミングは光・レーザー脱毛で施術して、残った本数を脱毛するのがベストかと思います。

メンズTBC天神店 料金の納得度

施術完了
契約時の料金: 約30万円
脱毛部位:鼻下(口ひげ)、あご、あご下・首、ほほ・もみあげ
契約回数:3200本(800本コース)
たまたま500円体験チケットがあったので利用して、そのままコースの説明を受けました。本数制だったので、どれくらいかかるか分からなったので、とりあえず800本コースを頼みました。ただ最初に聞いていた話より本数を追加することになってしまったので、予想外に費用がかかりました。
20代前半・2018年1月頃来店
投稿ID:586

メンズTBC船橋店は5000本では代わり映えしませんでした。

まーさん 投稿日:2020.01.04
1.00ここでヒゲが濃い方が行って実感できるのはおそらく15000本程度の契約以上で、それでもまだまだだいぶ生えてくると思います。予算的には900000万円以上じゃないでしょうか。濃い方は抜くより光などでまずだいぶ減らしてからデザインすることお勧めします。写真が5000コースがです…

 

効果はあるが勧誘がすごい

JJさん 投稿日:2020.03.01
3.00スーパー脱毛のみ勧められます。希望本数を伝えても、必ず200〜300本多めで契約させようとしてきます。私の場合は、3000本と伝えたところ7800本と5200本、3300本の3択しか提示されませんでした。目の前で電卓で内訳を伝える事もせず、曖昧なまま契約が終わるので、金額には納得せずに通っております。細かな説明を心がけてほしいです。

また担当によって技術力の差が激しいということは、口コミ通りでした。毛を抜くとき、上手い人は一度ですっと抜きますが、下手な人は2-3度引っ張ってようやく抜ける感じです。毎度ひやひやします。。

 

 

効果を感じないという方がいますが、☝で伝えたように毛周期の関係で脱毛をしても、

完全にツルツルにするには最低でも1年以上かかるので、また再度生えてくることもあります。

 

そのため一気にヒゲが減るわけではないので、”効果を感じられない”というコメントがあるのかと思います。

 

ただ脱毛料金に関しては☝の通りツルツルにするには、おそらく100万円ほど、

かかってもおかしくないでしょう。

 

まとめ:スーパー脱毛は日焼け肌or即効で脱毛をしたい方向け

 

いかがでしたか?

今回ヒゲ脱毛の体験をレポートしましたが、体験内容をまとめると、

・1,000円で150本脱毛できる
 脱毛したヒゲは2度と生えてこない・体験当日の流れ
 
 ・カウンセリング(ヒゲの悩みや脱毛の仕上がりを相談)
  
 ・ヒゲ脱毛150本(当日から1週間ほど自己処理いらず)
 
 ・カウンセリング(脱毛効果を確認して、脱毛プランを提案される)

 

他の比較サイトでは接客態度が悪い!など聞きますが、僕がいった船橋サロンの方たちは、

皆優しくて居心地はかなりよかったです。(スタッフさん皆かわいいし笑)

 

脱毛費用は高いですが、青ヒゲを解消したい!その都度脱毛効果を感じたい方には、

向いているかと思いますよ。

 

 



ではまた明日。

おすすめの記事