【口コミ】men'sTBCのヒゲ脱毛で2年脱毛した僕が評判の真実を暴露
スポンサーリンク

men'sTBCのヒゲ脱毛が気になる...

どのくらいでツルツルになるの?
料金とか体験した人の本音を知りたい

 

こんな悩みを解決します。

 

 

先に結論をいうと、men'sTBCのヒゲ脱毛は高すぎます(汗)

 

 

もちろん、「青ヒゲのせいで老けて見られる...」「ヒゲ剃りで面倒くさい!」などの理由で、

邪魔なヒゲを脱毛するのはめちゃめちゃオススメします。

 

 

ですが、僕自身も社会人になり安定した収入を得てから、元々気にしていた青ヒゲを駆逐しようと、

men'sTBCに約2年通いました。

 

 

ですが、『超高い&超痛い&施術時間長すぎる』で契約してから後悔。

 

 

 

今回はmen'sTBCのヒゲ脱毛の真実を本音でレビューしていきます。

この記事で分かること

・men'sTBCのツルツルまでの料金

・men'sTBCのメリット

・men'sTBCの体験脱毛の使い道

 

スポンサーリンク

men'sTBCの料金は高い理由

ヒゲの本数で料金が決まる

なんでmen'sTBCのヒゲ脱毛って高いの?

 

そもそもmen'sTBCの脱毛方法が美容電気脱毛(ニードル脱毛)だから。

 

出展:men'sTBC

 

美容電気脱毛(ニードル脱毛)は、抜いた毛の本数で料金が決まるもので、

契約本数が多いと、1本あたりの単価安くなるシステム。

※光脱毛&医療レーザーは、脱毛部位で料金が変わる

 

 

 

5000本以上の契約となると、1本単価57円まで下がりますが、

ボーボ―なヒゲをツルツルにするなら、100万を超えるかも(予想)。

 

 

ちなみにmen'sTBCではエビフラッシュ(光脱毛)も利用できても、

顔はニードル脱毛しか対応していません。

 

 

オーダーメイドプランじゃツルツルは無理

 

men'sTBCでは、契約時にオーダーメイドプランを進められますが、

毛量が多いのなら、ツルツル肌は絶対に無理。

オーダーメイドプランの内容

・ヒゲ800本:1本110円

・入会金:16,500円

・アフターケア用品;16,500円

 トータル:105,800円

 

出展:men'sTBC

 

men'sTBCの料金は抜いたヒゲの本数で、決まると伝えましたよね。

 

ヒゲの本数は平均で20,000~30,000本あるといわれているんです。

いやピンとこねえし。
つまり、一番単価安いプラン5,000本コース(1本57円)で計算すると、
約100万ほど。
ちなみに僕は約2年通っていましたが、78万円ほど溶かしました(超おバカ笑)。

クリニックの方が圧倒的に安い

men'sTBCでも、人によっては10万円程度で青ヒゲ解消できたり、

ヒゲの毛量を減らしてデザインしたい!という方なら、通ってもいいかもしれません。(結構お金かかると思う)。

 

ただ、大手男性専門クリニックのヒゲ脱毛料金を見てみると、

出展:湘南美容外科

ヒゲ脱毛が業界最安地といわれている「湘南美容外科」だと、首を含めて顔全体を脱毛しても89,980円。

 

もちろん麻酔代&キャンセル料&施術回数を追加すると、料金が変わってきますが、

少なくとも78万円かかることは絶対ありません(笑)。

 

また会員登録&ラインで湘南美容外科とお友達になっておけば、超お得なクーポン(1万円割引)などもらえてもっと安くなることも。

 

出展:メンズリゼクリニック

 

湘南美容外科より少し高くなるメンズリゼクリニックも、ヒゲ全体で約10万円ほど

 

5回で10万円って高くね。
メンズリゼクリニックの場合5回コース以降は、半額で受けれる&乗り換え割引や学割を利用すれば、
最大30%offで結構安くなりますし、アフターケアを完全無料で対応してくれるのが人気の理由。
ちなみにメンズリゼクリニックは、ヒゲより全身脱毛がおすすめ。

 

 

体験脱毛は150本抜ける

 

実際体験脱毛ってどうなの?
1,000円で脱毛って安くね

 

men'sTBCの1,000円脱毛は正直かなりお得。

 

僕がいった店舗だと店長以外女性で、しかもみんなキレイでしたし、

施術内容や料金など丁寧に説明してくれて、印象はよかったです。

 

毎回キャバクラ感覚で通える

施術中など、若いお姉さんと話せるので正直けっこう楽しい(笑)。

 

 

ですが☝でも伝えた通り、体験脱毛150本だとツルツル肌どころか青ヒゲもなくなりません。

 

 

正直全然足りない。

 

 

そこで残ったヒゲの脱毛プラン(オーダーメイドプラン)を提示されて、無理なく支払える金額なので、

ついつい契約してしまうパターン。

 

 

繰り返しなりますが、僕はヒゲ脱毛を契約して最終的に78万円費やしました。

 

美容電気脱毛(ニードル)は超痛い!

 

実際脱毛って痛い?

個人差はありますが、多少痛みは伴います。毛抜きに近い痛みがあるとおっしゃる方が多いですが、脱毛当日の体調等により体感が異なる事があります。 MEN'S TBCでは脱毛機器を開発・進化させ、痛みの対策を進めており、お客様に快適に脱毛をご利用いただけるよう日々努めております。

どのブログサイトや公式サイトも「個人差がある」と、よく記載されていますが、
モヤモヤ...とする方も多いかと思います。
痛みは脱毛方法によって異なるもの。ですが見出し通り、men'sTBCのヒゲ脱毛は超痛い!
医療レーザーと比べても、ニードル脱毛はそれよりも痛いといわれています。
脱毛方法別に表にすると、
光脱毛 医療レーザー 美容電気脱毛(ニードル脱毛)
痛み:△ 痛み:○結構痛い 痛み:◎ 超痛い
脱毛効果:△何度も通う必要がある 脱毛効果:◎ 永久脱毛 脱毛効果;◎ 脱毛効果はトップクラス
料金:○ 月額料金が低い 料金:○ ヒゲなら10万円程度 料金:△ 超高い
痛みは、医療レーザーとニードル脱毛のツートップ。中でもニードル脱毛の痛みは断トツ。

時間かかってもいいから、光脱毛が1番よさそう
ちなみに光脱毛でも青ヒゲを解消できますが、あくまで「減毛」。永久脱毛ではありませんし、
痛みを考慮して脱毛のパワーが弱いので、再度毛が生えてきます。
僕自身何度もニードル脱毛を受けていても、毎回涙目になっていました(笑)。
ニードル脱毛でどうしても、脱毛したいのなら少し覚悟が必用です。

men'sTBCヒゲ脱毛のメリット&活用方法

men'sTBC行くのやめよ...
ここまでmen'sTBCのデメリットばかり伝えましたたが、ニードル脱毛にもメリットがありますし、
利用方法を間違えなければ、満足できる効果を得られますよ。
1,000円で脱毛できるのは明らかにお得なので、利用しない手はありません。

美容電気脱毛のメリットを挙げていきますね。

 

 

白髪&産毛数本を脱毛する

 

美容電気脱毛の特徴は、

・手作業でその場で抜いていく

・日焼けした肌も脱毛できる

・白髪も脱毛可能

白髪&産毛もその場で抜いてくれて、かなり勝手のきく脱毛方法です。

 

本来、光(フラッシュ)脱毛&医療レーザーだと、抜けるまで1週間かかったり、脱毛器の仕組みの関係で白髪は脱毛できません。

 

 

美容電気脱毛(ニードル脱毛)は、表面に生えている毛ならその場で脱毛できるので、

脱毛効果を実感しやすいのが最大のメリット。

 

 

契約すると高いですが...。

 

 

なので医療レーザーで黒い毛を脱毛し、白髪が数本混ざっている&残り少ない毛の仕上げで使うと、

無駄が出費をすることなく、効率よく脱毛できますよ。

 

 

眉毛や体の部位を脱毛

 

実は美容電気脱毛だと、眉毛も脱毛できます。

 

もちろん本数が多いと高くなりますが、眉毛のデザインを美容師さんなどに相談して決めて、

1本1本手作業で抜いてもらえば、手入れの負担が減りますよ。

 

 

体験脱毛150本なら、眉毛にかなり効果的かと思います。

 

また体の部位によって、数本気になる毛ってありませんか?

 

たとえば、『肩や乳毛に数本生えている...』という方なら、脱毛範囲も狭いため早く施術できますし、

その場でスッキリできるので、気になっている部位があるなら利用するのもあり。

 

 

ヒゲのデザイン

 

ヒゲはある程度残したい...おしゃれヒゲにしたい!

と思うかたもいますよね。

 

繰り返しなりますが、men'sTBCは1本1本抜いていくので、

割りとヒゲのデザインは自由自在です。

 

ただその分料金はかかるのと、前もってデザインを決めておく必要がある。

 

まとめ:men'sTBCのヒゲ脱毛の契約は避けるべき:痛い目にあう

 

今回men'sTBCのヒゲ脱毛の料金&効果について紹介しましたが、まとめると、

・ツルツル肌を目指すと痛い目に合う

・超痛い&施術時間が長い

・オーダーメイドプランでツルツルは無理

・白髪や日焼け肌でも脱毛できる

・1本ずつ手作業で、眉毛や体の細かい部位も脱毛できる

 

 

個人的に2万程度なら、気になる部位に利用してもいいと思いますが、

ヒゲ脱毛は高いから絶対さけるべき。

 

☝でも伝えたとおり、コンプレックを感じている部位(数本程度生えている)や、

眉毛をデザインしたいのなら利用してもあり。

 

いやヒゲ脱毛したいんだけど!
という方は、こちらを参考にしてください。
ではまたあした。
スポンサーリンク

 

おすすめの記事