オーガニックコスメが安全とは限らない!本当にいい化粧品の選び方とは
スポンサーリンク
こんな方にオススメ

・オーガニック製品をしりたい

・そもそもオーガニックてなに?

・オーガニック化粧品は安全だから購入している

 

んにちは。

 

 

美容大好きオガーです。

 

今回はオーガニック製品の危険性や化粧品の選び方について、

お伝えしていきます。

 

 

”オーガニック”と聞くと肌や髪にも安全そうで利用したくなりますよね。

 

 

また普通のコスメだと、肌に合わないからとオーガニックを購入する方もいますが、安易に選ぶと肌トラブルの原因になることもあるのです。

 

 

そもそもオーガニック製品とは、化学農薬や化学肥料を使わずに、

遺伝子組み換え技術を避けて、安全面を考慮された農作物のこと。

 

 

オーガニック認定の基準は国によって独自の基準を持っていて、

例えば、「動物実験をして人の肌にも使用しても安全かどうか」「天然のものを使用しているか?」などあります。

 

 

つまりオーガニックは世界共通の基準がないのです。

 

 

日本でいうと食品に関しては、「登録認定機関」から「オーガニックでいいよ~」と認められるとJSマーク(有機栽培)がつきますが、

コスメに関してはオーガニックの基準はひとつもありません。

 

 

そのため天然成分や有機物をひとつでも使っていると、”オーガニック製品”として、

扱っているものがたくさんあります。

 

 

オーガニックコスメが安全ではない理由

 

どうせコスメを使うなら、『肌や体にいいもの』『化学農薬などが入っていないものほうが安心できる』と思う方も多いかと思います。

 

 

そもそもオーガニックが流行した理由として、オーガニック食品という安全面をウリにした物が注目されて、

 食べても大丈夫なもの→無添加は体にいい→肌にもつけるならオーガニックがいいだろう...といった具合に、

オーガニック=安全という認識になっていったそうです。

 

 

ですが食べても害にならないものを、”肌につけてもいい”という理由にはなりません。

 

 

例えば農作物に、害虫やバイ菌がよりつかないように農薬をかけますよね。

 

 

天然由来成分ということは、何も守ってくれるものがいないので害虫などから標的にされます。

 

 

すると植物には、自分の身を守るために「植物毒」という毒で敵を撃退したり、臭いで追い払ったりするわけです。

 

 

安易に「植物由来」と表記されているモノを使っても肌荒れすることもあるので、

他の化粧品と同様自分の肌に合ったものを使うのが重要。

 

 

どんな化粧品にも化学物質は入っているということを覚えておいてください。

 

 

オーガニックコスメが人気な理由

なぜオーガニックのコスメが人気なのかというと「天然成分=肌に優しい」、

「なんか体によさそうだから」といったイメージがあるから。

 

 

また日本人は自然を愛する性質があるので、「化学成分をつかっていない」と聞くと、

受け入れやすくなる傾向があるのです。実際一般の化粧品より、オーガニックコスメのほうが、

2倍近く売り上げが伸びたのだとか。

 

 

参考サイト

 

 

実際僕も昔はオーガニックなら、『ニキビが減りそう』『フケが減って抜く毛も防げそう』などイメージがありました。

 

 

ただ冒頭でも伝えたように、なかには天然成分を1%でも入っているから”オーガニック”として扱ったり、

植物成分が肌に合わなくて肌荒れすることもあるのです。

 

 

つまりどんな化粧品も自分にあったものを選ぶことが、超重要ということ。

 

 

大切なのは自分の肌に合った化粧品を選ぶこと

 

ここまでオーガニックに対して批判的なことを伝えましたが、僕はオーガニックを否定したいわけではありません。

 

どんな製品も生産者側が「どうすれば売れるか?」とマーケティングをしているので。

 

 

実際オーガニックを使い続けて、『ニキビや吹き出物ができにくくなった』など、

肌に変化を感じたかたもいるそうです。

 

 

ただこれは単純に肌に合っていただけであって、普通の化粧品でも肌のコンディションがよくなりますし、

オーガニック化粧品でも、自然由来じゃない成分が肌に合っていたということもありえます。

 

 

自分に合った化粧品はまず自分に塗ってみて、質感や直感的に選んで、

使い続けても苦ではない&直感的に合っているものを使うのがおすすめですよ。

 

 

 

口コミやランキングサイトよりも、自分で探して色々試すのも楽しいですし、自分の直感を重視してみてください。

 

ではまたあした。

 

 

 

おすすめの記事