ヒゲを抜くのはリスクしかない?/ヒゲを抜く危険性とは
スポンサーリンク

んにちは。

 

 

美容大好きオガーです。

 

 

ヒゲが濃くコンプレックスを抱いている方は多い。

 

毎日のヒゲ剃りにうんざりして、毛抜きで抜いている方はいませんか?

 

 

たしかに毛抜きは毛根から抜くので、青みが減り、

毛が生えてくるのもおそくなります。

 

ヒゲが濃い方や青ヒゲの方にとってヒゲが薄くなった気がするかもしれません。

 

 

ですが毛抜きは一時的に青みや毛量が減るだけで、

ヒゲが生えてこなくなることは絶対にありません。

 

今回は毛抜きによるデメリットとおすすめの脱毛方法を紹介します

 

 

スポンサーリンク

ヒゲを抜くデメリット

① 埋没毛

 

埋没毛とは、毛が表面がでることがなく皮膚の中に埋もれてしまい、

肌の内側で毛が成長してしまう状態です。

 

毛抜きで抜くことで皮膚に黒いツブツブがでて、

清潔感がなくなり、女性からの印象が悪くなることも。

 

埋没毛は基本的に放置していても問題ありませんが、

かゆみや痛みが発生した場合は、すぐに皮膚科にいきましょう。

 

 

② 色素沈着

 

ヒゲを抜くのは、刺激が強く肌にダメージがかかり、

メラニン色素が過剰分泌されます。

 

最初は目立たないですが、ヒゲを抜き続けることによって、

メラニン色素が蓄積されていき、肌が黒ずんでしまうのです。

 

肌へのダメージを減らすのはもちろんスキンケアを徹底することが大切で、

できた場合は「整形外科・美容皮膚科」で治療してもらうことをおすすめします。

 

 

 

 

③ 毛嚢炎(もうのうえん)

 

ヒゲを毛抜きで抜くことで、毛穴が開いてしまい、

「黄色ブドウ球菌」、「表皮ブドウ菌」などの細菌が入りやすくなります。

細菌が入ることで、肌が炎症し、ニキビのような症状がでるので、

ニキビと間違えやすいです。

 

症状がひどくない場合は、オロナインでおさまると思いますが

改善がみられなければ、皮膚科にいくのがおすすめ。

 

 

 

④ 肌が傷つき出血する

 

男性のヒゲは、太く濃いのが特徴で、毛根からしっかり生えていることから、

無理やり抜くと、血が出てきてしまうこともあります。

 

毛を一本一本抜くのはとても痛い上に時間がかかり、

せっかく抜いても毛穴の中の細胞を破壊し、

肌表面も赤くなり肌トラブルを起こしやすいです。

 

抑毛ローションで毛を薄くする

 

 

抑毛ローションは、毛の成長を抑える効果があり、

何度か使用することで毛が薄くなっていきます。

 

抑毛ローションに含まれている「大豆イソフラボン」という成分が、

毛が生えてくるスピードを遅くする効果があり、刺激が少なく肌に優しいので安心して使えるでしょう。

 

ただクリームを塗ってその場で毛がなくならないので、

3ヵ月以上継続しないと効果は感じにくく、根気が必要です。

 

 ※「除毛クリーム」と間違えないように購入しましょう。

 

 

 

除毛クリームは、毛をその場で処理でき即効性はありますが、

毛を溶かす程の強い成分でできているので、

デリケートな肌に塗ると肌を傷つけることがあります。

 

 

 

 

脱毛サロンやクリニックに任せるのがおすすめ

 

カミソリ処理するとヒゲが青くなるという理由で、毛を抜く方もいますが

効果は一時的なもので、毛が薄くなることはありません。

 

サロンやクリニックでの脱毛は、料金が高くなるイメージがありますが、

月々の支払いが3,000円からの所もあるので、学生でも利用する方が増えてきています。

 

ヒゲを完全になくすには、回数と時間がかかりますが、

レーザー脱毛なら永久脱毛が可能です。

施術することによりヒゲを剃る手間がなくなるので、検討してみてください。

 

 

光脱毛はレーザーより回数はかかりますが、

料金設定が安く痛みが少ないので、脱毛初心者におすすめ。

 

 

ヒゲ脱毛は、毛がなくなるだけでなく、

ひげ剃りによる肌トラブルもなくなり、毛穴が引き締まる効果があるので

肌がキレイになる効果もあります。

 

毛抜きを使用している方は、

無料カウンセリングを受けて脱毛を検討してもいいでしょう。

 

 

ではまた明日!

スポンサーリンク

おすすめの記事