ヒゲ脱毛後のカミソリはアウト!脱毛後のひげ剃りはいいの?
スポンサーリンク

んにちは。

 

 

 

美容大好きオガーです。

 

 

近年女性だけでなく男性もエステ・脱毛サロンに通う方も増えてきていますが

脱毛期間が伸びてしまうとヒゲも伸びてきてしまいますよね。

 

 

そこで次にお店で照射する前に伸びてきてしまった毛は、

「ヒゲ剃りをしてもいいの?」「どうやって手入れすればいいの?」

と思うかたも多いはず。

 

 

 

無理にカミソリでそると肌を痛めて肌荒れするとも聞くし、

不安におもうかたも多いでしょう。

 

 

そこでヒゲ脱毛後の自己処理方法について紹介していきます。

 

スポンサーリンク

脱毛後当日のヒゲ剃りはいいの? いつからヒゲ剃りしても大丈夫?

 

 

 

ヒゲ脱毛当日の自己処理は避けるべき

 

 

サロンでもいわれると思いますが、基本的にヒゲ脱毛をした当日の自己処理は、

しないのが正解です。

 

フラッシュ・レーザー脱毛後のお肌は、少なからずダメージを受けているので、

肌が非常に乾燥しやすく人によっては、ヒリヒリしたり炎症することもあります

 

 

また光・レーザーを当てた後のムダ毛は、ふにゃふにゃに弱っているので、

ものすんごい剃りにくいので、毛が抜け落ちるまでは処理するのはやめておきましょう。

 

 

 

いつから剃っていいの?

 

脱毛後の自己処理は、最低でも1日は空けてください!

 

 

繰り返しになりますが、フラッシュ・レーザーを当てた後の肌は、

敏感になっているので、極力肌への刺激はさけるべきです。

 

 

基本的に脱毛後、毛が抜け落ちるまで(約2~3週間)は、自己処理しないのをオススメしますが、

仕事上「ヒゲが伸びたままは無理!」という方も多いでしょう。

 

 

そういった方は医師と相談するか、なるべく肌に負担にかかりにくい電動シェーバーで、

処理するのがオススメです。

 

 

脱毛サロン・医療クリニックでの脱毛は、おそらく多くの方が複数プランで契約するかと思います。

 

 

 

フラッシュ・レーザー脱毛は、施術前にヒゲを剃っておかないと脱毛効果が半減するので、

肌に負担がかかりにくい電動シェーバーが1台は持っておいても損はないかと思います。

 

 

 

 

肌にかかる負担が少ない手入れ方法

 

先ほど自己処理に電動シェーバーを勧めましたが、どんな脱毛方法でも、

大なり小なり肌に負担はかかるものです。

 

そこでなるべく肌に負担にかからない処理方法を紹介します。

 

オススメの処理方法

・プレシェーピング(肌の汚れを落とす)

・ぬるま湯・蒸しタオルをあてて毛を柔らかくする

・シェービング剤をぬる

・順剃り→逆剃り→張り手剃りを意識しよう

・冷水でシェービングジェルを落とす

・ヒゲ剃り後は保湿力のある化粧水

 

まず順に説明すると僕たちは普段外にでるだけで、

排気ガスやゴミなどの汚れがついています。

汚れを落とすことでスムーズにヒゲを剃れるので、仕上がりが変わってきますよ。

 

 

大人になると美容院に通うかたが多いですが、理髪店で1度はヒゲを剃る前に、

温かいタオルで顔を温めてもらったことはありませんか?

 

 

 

実は濡れたタオルを当てることで毛が水分を吸収して、毛質が柔らかくなり、

ヒゲが格段に剃りやすくなるのです。

 

また温かいタオルを当てることで毛穴が開き、古い角質や汚れも落とせるので、

清潔感のある肌に近づきます。

 

やはりプロがやっているだけあって、きちんとした理屈がありますね。

 

 

ヒゲの剃り方

 

ではカンタンにヒゲの剃り方を解説していきます。

 

「順剃り」....ヒゲの生えている方向に沿ってそること

「逆剃り」....順剃りとは逆に、生えている方向に逆らって剃ること

「張り手」....最後の仕上げですね。片方の手で皮膚を引っ張りながら剃ること。

 

 

鏡の前にたち自分のヒゲの生えている方向を確認してから、

「順剃り」をしていきましょう。

 

ヒゲが薄ければ「順剃り」だけですむと思いますが、

ヒゲが太かったりすると剃り残しやすいので、「逆剃り」で剃っていきます。

 

 

「順剃り」で剃れなかった部分を、仕上げるというイメージなので、

最初から逆剃りすると、出血することもあるので、「順剃り、逆剃り、張り手」の順番というのを

覚えておいてください。

 

 

最後の仕上げの張り手は、カミソリ・伝送シェーバーを持っていない方の手で、

皮膚を引っ張ることで深く剃る方法。

 

深く剃ることでキレイにヒゲを剃れますよ。

 

最後は保湿力のある化粧水・乳液で乾燥しやすい箇所に塗って、

ケアしてください。

 

 

除毛クリームやブラジリアンワックスはNG

 

除毛クリームはムダ毛を処理するのに、超絶便利ですが、

顔に使用するのは絶対にやめましょう。

 

 

除毛クリームには「チオグリコール酸カルシウム」という毛を溶かす成分があります。

肌に刺激が強く顔に塗るとかぶれたりするので。

 

 

 

またブラジリアンワックスは毛を毛根から抜くので、スッキリした感じはありますが、

埋没毛(皮膚に毛が埋まる)や肌荒れを起こすことも...。

 

 

あとあと面倒な肌トラブルになるので、

おとなしく自然に毛が抜け落ちるのをまちましょう。

 

 

 

 

どうしても毛を抜きたい!場合は?

 

「自然に毛が抜け落ちるのを待とう」と伝えましたが、

抜け落ちる毛が気になるばあいは、少し引っ張って抜ける毛だけを抜くのもアリ。

 

 

無理やり引っこ抜くとシミができたりしますが、力をいれずに抜ける毛は、

カンタンにスルッと抜ける毛なので、肌にダメージがあまりかかりません。

 

 

ただ繰り返しになりますが、少しでも力を入れて抜かないといけない毛は、

無理に抜くのは絶対にやめておきましょう。

 

 

自然に抜け落ちるのが理想なので。

 

 

最後に

 

脱毛後のヒゲの手入れ方法を伝えましたが、「ヒゲ脱毛当日のひげ剃りはひかえる」

これだけは覚えておいてください。

 

 

ヒゲ剃りは、上記で伝えた手入れ方法・電動シェーバーで処理するのがオススメです。

 

 

ただ肌に優しい電動シェーバーでも、肌ダメージがゼロというわけではないので、

ヒゲ剃り後は、保湿力のある化粧水・乳液で炎症を防ぎましょう。

 

しっかり肌ケアすることで、脱毛効果もあがりますし、

清潔感のある肌に近づけますよ。

 

ではまたあした

スポンサーリンク

おすすめの記事