秒で分かる!カビを生やさない【洗顔ネット】の保管方法
スポンサーリンク
この記事で分かること

・洗顔ネットの保管方法

・洗顔ネットの疑問

・洗顔ネットを持ち運びする方法

 

 

 

んにちは。

 

 

美容大好きオガーです。

 

 

 

スキンケアにあまり興味のない男性でも洗顔をする方は多いでしょう。

 

 

 

そこで洗顔料を泡立てるのに便利な『洗顔ネット』ですが、『洗顔ネットでどこに保管すればいいの?』『いつ交換したほうがいいの?』など、

衛生面的に気になりますよね?

 

 

そこで洗顔ネットの保管方法や、洗顔ネットの疑問についてすべて答えていきますね。

 

 

スポンサーリンク

結論:洗顔用泡立てネットは吊るして保管する

 

先に結論からいってしまうと、洗顔ネットは「フック」を使用して吊るして保管しましょう。

吊るすメリット

・水気がとれる

・乾燥して乾きやすくなる

・カビが生えにくい

 

逆にこんな感じで床に放置しているのはアウトですよ!

 

「洗顔ネット」に雑菌がついてしまうと、肌トラブルの原因になるのはもちろん、泡だちちにくくなることなることもあります。

 

せっかく肌をキレイにしようとしているのに、ニキビなどができる原因になったら意味はありませんよね。

 

 

見栄えもよくなりますし、スペースもとらないのでオススメですよ。

 

泡立てネットの吊るし方:吸盤タイプのフック

 

ではどう吊るすの?かというと、洗顔ネットは「フック」で吊るすのが一番簡単ですよ。

 

100円ショップに出向けば、「吸盤タイプ」で壁にくっつくタイプのフックがあるのでおすすめですよ。

「フック」は他にも種類がありますが、「吸盤タイプ」が一番使い勝手がいいですよ。

 

 

壁にただくっつけるだけですし、取り外しも簡単で壁を傷つける心配がないので、賃貸を借りている方でも安心して使えるかと思います。

 

 

僕の「吸盤タイプ」を使用していますが、今のところ特にストレスはありません。

 

ただ浴室の壁によっては、くっつきにくいこともあるので、鏡に吊るしておくのが1つの手段ですよ。

 

 

泡立てネットの吊るし方:壁にくっつかない場合は?

 

先ほども少し伝えましたが、浴室の壁によっては「吸盤」がくっつかないこともあります。

 

 

壁に「銅板」が含まれていたり、壁が凸凹していると空気が『壁と吸盤の間に入り』落ちたりくっつかないこともあるのです。

 

 

そこでマグネットタイプの「フック」を使うと、壁にくっつくかもしれませんよ。

 


お風呂専用ではないマグネットだと、サビて駄目になることもありますが、

マーナ(MARNA)のマグネットタイプは、耐水性に優れているので、オススメですよ。

 

 

 

 

洗顔ネットは浴室に保管しておくのがオススメ(換気扇は必須)

 

洗顔ネットは、乾燥しやすくて吊るしておけばいいですが、浴室に保管しておくのがオススメですよ。

 

 

 

僕個人的にですが、お風呂に入るたびに持っていくのが少し手間に感じますし、洗面所におくとけっこう邪魔になります。

 

 

 

また水滴もポタポタ落ちるので、浴室が1番調度良いでしょう。

 

 

 

また、他サイトだと浴室は湿気が多いから「保管には向いていない」と見ましたが、換気扇をつけておけば『カビや臭い』も抑えられますよ。

 

 

 

ちなみに換気扇は1ヵ月ずっとつけておいても、電気代は数百円で済むのでそこまで気にしなくて問題ないでしょう。

 

 

 

実際僕も、ずっとつけっぱなしですが、電気代は換気扇込みで2,000~3,000円ほどです。

 

洗顔ネットの気になる疑問

 

天気のいい日に外に干してあげるのもあり

 

浴室に換気扇を回しておけば、問題ないと伝えましたが、『通気性が気になる』『換気扇がついていない...』

という方もいるかと思います。

 

 

心配な方は窓を開けて通気性をよくするか、天気のいい日に外に干すのがオススメですよ。

 

 

日の当たりで「洗顔ネット」も乾きやすくなりますし、紫外線で雑菌を退治できるので、気になる方は実践してみてください。

 

 

洗顔ネットは洗濯したほうがいい?

 

保管方法は分かったけど、「洗顔ネットは」は洗濯したほうがいいの?と思う方もいるかもしれません。

 

 

結論いうと洗わなくて大丈夫です。

 

 

 

洗顔ネットは主に『洗顔料をつけて泡立てる』だけですし、顔に直接つけるわけではないので

通気性のいいところに吊るして保管しておけば問題ありません。

 

 

 

 

むしろ洗って網のあなたが広がったり、穴があくことがあるので、長く使用したいならやめておきましょう。

 

 

ちなみに洗顔ネットを触る際は、手を清潔にしておきましょうね。

 

 

 

汚い手で触ると、雑菌が混入して泡立ちちにくくなりますしトラブルの原因になります。

 

 

 

洗顔ネットの買い替え時期:早い人だと2~3ヵ月

 

洗顔ネットってついついずっと使っていたりしませんか?

 

見た目的に変化はありませんが、ずっと使い続けていると雑菌が繁殖するのはもちろん、泡立ちも悪くなりお肌にもよくありません。

 

 

物にもよりますが、100円ショップの洗顔ネットは3ヵ月に1回は買い替えるのがベストといわれています。

 

 

バルクオムの洗顔ネットは、料金は少し高めですが、かなり泡立ちやすいですし『4種構造』で高品質な作りなのでオススメですよ。

 

 

使用している方々も、半年~1年くらい問題使えているのだとか。


出先に洗顔ネットを持って行きたいときは?

 

もしお気に入りの「洗顔ネット」を使っているなら、旅行先でも使いたいですよね?

 

 

 

まず「洗顔ネット」は基本的に乾燥させて保管するのが基本です。

 

 

持っていくまえに水気を取るのはもちろん、洗顔ネット防水の袋に入れていきましょう。

 

 

 

また出先でも絞るのはアウトですが、よくふって水滴を取り、清潔な乾いたタオルで拭きとるのがオススメですよ。(吊るすのがベスト)

 

 


 

 

まとめ:洗顔ネットの保管方法

 

洗顔ネットの保管方法を伝えましたがまとめると、

・洗顔ネットは吊るして保管する

・換気扇を回しておけば浴槽で保管してもOK(気になるなら窓をあけよう)

・たまに外干しもおすすめ

・洗濯はしなくていい

・買い替え時期は3ヵ月~6ヵ月

意外ですが洗顔ネットの保管方法を適当にしているだけで、洗顔していても肌トラブルの原因になります。

 

 

フックは100円ショップでもカンタンに手に入りますし、洗顔ネットを買い替えてみると洗顔後、肌の仕上がり方も変わるかもしれませんよ。



 

 

スポンサーリンク

おすすめの記事