男の乳毛(パイ毛)は脱毛する方がお得!約【3万円以下】で脱毛できる
スポンサーリンク

乳毛(パイ毛)に毛が生えてきた...

乳毛を晒すのが恥ずかしい...
胸毛は濃くないけど、乳毛(パイ毛)がピローンと生えていて、気になっていませんか?
普段隠れている服に隠れている乳毛(パイ毛)ですが、いざ女性に見せるとフェチでもない限り、
ドン引きされることも珍しくありません。

 

 

というのも、胸は日焼けしないので、白い肌に長い黒い毛が生えていると、

気持ち悪い!と思う女性も多いのです。

 

かといって、適当に自己処理するとパイを傷つけることもあるので、

サクッと脱毛してしまうのもありですよ。

 

パイ毛だけに関しては、3万円以下で脱毛できますし、

ワンコインで脱毛することもできます。

 

この記事で分かること

・乳毛(パイ毛)の処理方法

・パイ毛を安く脱毛する方法

・男の乳毛の女性の嫌われ度

 

スポンサーリンク

乳毛(パイ毛)は処理すべき理由

 

実は女性にも乳毛(パイ毛)が生えてくるものですが、

男からしたら『えぇ...』『舐めるのはちょっと...』と思うかたがほとんど。

 

実際舐めにくい(笑)

 

ですがそれは女性のほうが不快に思っているかも。いざパートナーを抱こうとして、

乳毛が何本も生えていたら、『きたない!』『触りたくない!』と一気に気持ちが冷めてしまいます。

 

 

88%の女性が男の胸毛が嫌い 乳毛(パイ毛)も同じ?

出展:パナソニック

 

パナソニックが男女1,000人にアンケートをとった結果、胸毛嫌いの女性は88%。

乳毛ではないですが、めちゃくちゃ不評。

 

乳毛数本しか生えてないから大丈夫!

なわけない。

日焼けしていない白い肌に、黒い毛は目立ちます。

意外と最近ではパートナーに指摘されてから、脱毛する方も珍しくないそうですよ。

 

乳毛をセルフ処理する方法

除毛クリームが1番カンタン

 

除毛クリームとは、クリームを乳首に塗って水で毛を洗い流す方法。

除毛クリームの特徴

・クリームを塗るだけでツルツルになる

・使い方がカンタン。

・何度も使うと肌に負担がかかる

 

除毛クリームで出血することはありませんが、胸元はかなりデリケートで、

タンパク質できている肌を溶かす性質なので、頻繁に使うのはやめましょう。

 

 

ボディトリマー


 

ボディトリマーは、パナソニックが開発したムダ毛専用のシェーバー。

ボディトリマー

・構造上、肌に直接刃が当たらない

・乳首を傷つける心配がない

・また生えてくる

・少し高い(乳毛だとコスパが悪い)

ボディトリマーは、VIOを含めて全身(顔以外)に使えるので、『胸毛も濃い...』という方にもオススメ。

 

ただ7,000円ほどするので、乳毛のみだとコスパが悪い...。

 

仕上がり最悪:避けるべき処理方法

 

ここからは、特にやりがちなNGな自己処理の方法を紹介していきます。

 

カミソリ:定番だけど出血する

 

自己処理の中で1番手軽かと思いますが、カミソリは避けるべき。

 

なぜかというと、乳首周りってけっこう敏感で、刃で切って出血することもありますし、

ヒリヒリして赤みがでることもあります。

 

実際僕も切って、シャワーが当たると少しシミります(笑)

 

ブラジリアンワックス

 

ブラジリアンワックスは、ワックス温めてから専用のテープで、毛根から毛を引っこ抜く脱毛方法。

ブラジリアンワックスの特徴

・一瞬で毛を引っこ抜ける

・しばらく毛が生えてこない

・肌に負担がかかる

・超痛い

 

ブラジリアンワックスは、毛量の多い脇毛などに効果的ですが、

本数の少ない乳毛だと肌に負担がかかりやすいです。

 

毛抜きで抜いたかたなら分かると思いますが、乳毛(パイ毛)はとっても敏感で、

痛みに弱いかたにもオススメできません。

 

 

毛抜きは痛すぎる&肌トラブルを起こす

 

毛抜きのメリットは、手軽&その場で毛を抜けるだけ。

 

めちゃくちゃ痛いのはもちろん、埋没毛(毛が皮膚の中に埋まる)など肌トラブルが起こしたり、

赤く腫れることもあるので、絶対避けるべきです。

 

 

また黒ずみの原因にもなり、せっかく毛がなくなっても汚い印象になってしまいますよ。

 

乳毛を脱毛できるサロン&クリニック

 

セルフ処理&オススメできない処理方法を紹介しましたが、

除毛クリームやボディトリマーでも何度も使うと、肌にダメージがかかります。

 

乳首まわりは、とってもでりけーどで何度も自己処理すると、

乳首が黒ずんでしまうこともあるので、脱毛するのがベスト。

 

脱毛は高いから嫌だ!

 

実は乳毛は本数が少ないので、医療レーザーで3万程度で済むんですよ。

今後自己処理して、きたなくするならサクッと脱毛しておいた方が楽。

 

 

湘南美容外科なら3万以下で脱毛できる

 

出展:湘南美容外科

 

湘南美容外科クリニックは、全国に70院以上展開している超大手クリニック。

 

ヒゲ脱毛をはじめ各部位の脱毛が、リーズナブルで利用する男性は多いです。

そして、乳毛(パイ毛)の脱毛が、6回コースで29,800円で業界最安値。

 

そもそも他のクリニックだと、乳毛単体の脱毛がないので、乳毛のみを脱毛したいのなら湘南美容外科の1択。

 

 

 

men'sTBCの体験脱毛が1番手っ取り早い

 

乳毛が数本だけ生えている...
乳毛の本数が少ないのなら、men'sTBCの体験脱毛を利用するのもあり。

 

 

美容電気脱毛(ニードル脱毛)を採用しているのですが、体験だと1,000円で150本脱毛できますよ。

 

僕自身ヒゲ脱毛で78万円溶かしましたが、数本程度の乳毛ならかなりコスパはいいです。

150本超えるかも...
本数が多い方は、1本132円(非会員)で脱毛できるので、
残り本数と相談して決めるのがオススメ。

 

 

ダンディハウスも利用するのもあり



ダンディハウスは、men'sTBCよりも先にできた元祖男性エステサロン。

 

ダンディハウスも、名前は違いますがブレンド法(ニードル脱毛)で、体の部位を脱毛できますよ。

 

初回限定で30分500円で体験脱毛できるので、men'sTBCで物足りなかった方は、

ダンディハウスのキャンペーンを使うのがオススメ。

 

men'sTBCと合わせてもたったの1,500円で済むので、

ダメージが少なくすみますよ。

まとめ:乳毛(パイ毛)は脱毛するのがベスト

 

乳毛はあっても1つもメリットがない「ムダ毛」。

しかも数本しか生えていなくても、ムダに太く長いので目立ちやすい厄介なやつです。

 

何度も自己処理するのは手間ですし、荒れて汚くなってしまうので、

パパっと脱毛してしまえば、一生悩むこともありません。

 

本数が少なく範囲の狭い乳毛(パイ毛)なら、数分~10分程度施術は終わりますよ。

 

今回のポイント

・自己処理なら除毛クリーム(ただし何度も使うと荒れる)

・乳毛(パイ毛)はかなり不評

・何度も自己処理すると黒ずむ

・脱毛ならmen'sTBC&ダンディハウス&湘南美容外科

 

ではまたあした。

スポンサーリンク

おすすめの記事