洗い過ぎると体臭が臭う原因になる?/ゴシゴシ洗っても肌荒れするだけ
スポンサーリンク

んにちは。

 

 

美容大好きオガーです。

 

 

毎日仕事から帰ってくると汗をかいて体が臭うからといって、

ゴシゴシ洗っていることはありませんか。

 

 

毎日しっかり洗って清潔にしているつもりなのに、

ニキビができたり、まわりの人から『なんか臭うぞ』と

いわれたことのある人は、洗いすぎが原因かもしれません。

 

 

実は一見汚れを落としてスッキリしている行為には、

いくつか体臭を臭くする原因があるのです。

 

 

今回は体臭予防やNG習慣を紹介していきます。

 

 

人の皮膚にはいい菌と悪い菌がある

 

 

先ほど洗い過ぎは体臭が臭くなる原因と伝えましたが、

たしかにバイ菌や皮脂や汗を落とさなければ臭ってしまうことは事実。

 

 

 

ですが人の体には臭いを抑える善玉菌といういい菌と、

臭いの原因になる悪玉菌という悪い菌があります。

 

 

 

善玉菌は『皮膚の常在菌』という常に肌についている菌なのですが、

肌のうるおいを保つ保湿効果や健康的な肌をキープしてくれる肌に必要な菌なのです。

 

 

 

また薬局などでボディソープを購入しようとすると『体臭予防』『加齢臭に効く』など、

みたことはありませんか?

 

 

おそらく臭いを気にされているかた一度は購入したことがあるのでは

ないでしょうか。

 

 

こういった表記がかかれているものは『菌を退治する!』

いった目的があるので洗浄力が強い特徴があります。

 

 

 

つまり見境なく菌をいい菌まで落としてしまっていることもあるということ。

善玉菌を落としてしまうと臭くなるだけでなく、肌が乾燥してしまいニキビや肌荒れしてしまうことも。

 

 

臭いを抑えるにはどうすればいいの?

 

 

意外と菌はカンタンに落とせるもので、

極端のことをいうと水道水を全身にかければ洗い落とせるのです。

 

 

 

ですがここでボディタオルで体を洗ったり、毎日ボディソープで洗うと、

善玉菌を落としてしまいます。

すると肌に必要な皮脂を落としてしまったので、

身体が油分を補おうと皮脂を大量にだしてしまい、結果ニキビが増えるということに...。

 

 

 

簡単に汚れを落とす方法を紹介すると、手で洗うのがオススメ。   

毎日タオルでゴシゴシする必要はなく、

手にボディソープをつけるだけで簡単に汚れを落とせます。

 

 

基本的によほどドロや汚れがついていなければ、

毎日シャワーで洗い流すだけで汚れはおちる。

 

 

ボディソープで洗う際は、手で洗うのはもちろん、

洗う部位も気にしてみましょう。

 

 

主に洗いにくい箇所や面積が広い箇所『耳裏 首回り ワキ 胸 背中 陰部』

中心に洗ってください。

ちなみに温度は40℃程度がおすすめで、2~3日に1回程度十分です。

 

 

朝余裕があるのなら軽くシャワーで洗い流すのも効果的。

 

 

ちなみに合成界面活性剤という成分は肌に刺激が強いので、

『石けん類、アミノ酸系、カルボン酸系』がオススメ。

 

 

よかったら参考にしてください。

 

 

 

 

 

おすすめの記事